要潤が山下智久の“残念な”ライバル役「ちょっと滑稽に見えるくらい」

要潤が山下智久の“残念な”ライバル役「ちょっと滑稽に見えるくらい」

金曜ドラマ『インハンド』第7話ゲストの要潤 (C)TBS

俳優の要潤が5月31日放送のTBS系連続ドラマ『インハンド』(毎週金曜 後10:00)第8話のゲストに決定。主演の山下智久演じる右手が義手の天才科学者・紐倉哲を勝手にライバル視する紐倉の大学の同期で経済産業省のアドバイザー・遠藤匡晃役に起用された。

 同ドラマは紐倉博士と濱田岳演じるお人好しの助手・高家春馬、菜々緒演じる美人官僚・牧野巴の凸凹トリオが、科学が巻き起こす様々な事件を爽快に解決していくヒューマンサイエンスミステリー。第8話のテーマは「遺伝子」。ある巨大企業の後継者の自殺の謎に紐倉たちが迫っていく。“鬼の血”と呼ばれる呪われた伝説とは。

 遠藤は首に巻いたスカーフがトレードマークで何かと回りくどく、ちょっと面倒なタイプの男。紐倉は事件を調査していく中で遠藤と再会。偶然にも同じ事件を調べていた遠藤は、久々に再会した紐倉に対し相変わらず対抗心むき出し。何かにつけて紐倉に絡んできて…。

 ちょっと残念なスカーフ男・遠藤をコミカルに演じる要は「頭がキレるかっこいい紐倉とは対照的に、ちょっと滑稽に見えるくらい紐倉に対してのライバル心は強めに出しています。遠藤の目線で見たら、なんでもひょうひょうと完璧にこなしていく紐倉はムカつくんですよ(笑)。もちろん嫉妬ですけどね。だからこそライバル心を強めに出すことで、遠藤のキャラクターが際立っていくのかなと思って演じています」と工夫したそう。

 山下とは今回が初共演となるが「クールな印象がありましたが、現場でみんなで笑いあっている時に密かにクスっと笑っている姿を見て、ギャップが可愛いなと思いました(笑)。今回は紐倉にかわされる役だったので、またいつか別の役柄でもがっつりご一緒してみたいです」と再共演にも意欲。「8話で描かれるのは、人の感情が絡まった事件。笑いもありつつ、最後は心にジーンとくるものがあると思います。終盤に向けて少しずつ遠藤の人間らしさも表現しているので、そこも楽しみにごらんください」と呼びかけている。

 また同じくゲスト出演する柄本は、巨大企業の会長・園川務役に起用。後継者の息子が自殺した原因とされる“鬼の血”とは一体何なのか。 物語のカギを握る重要人物を、名優・柄本が重厚感たっぷりに演じる。

関連記事(外部サイト)