フリーランスでスーパーGTレースクイーンとして活動する熊林保奈美さん、「車が大好きな私にとっては天職です」

フリーランスでスーパーGTレースクイーンとして活動する熊林保奈美さん、「車が大好きな私にとっては天職です」

NILZZ Racingのレースクイーン「フロンティアキューティーズ」の熊林保奈美(C)Deview

2018年2月にオーディション情報サイト「デビュー」に掲載された『スーパーGTレースクイーンオーディション』に合格、現在はNILZZ Racingのレースクイーン「フロンティアキューティーズ」のスーパーGTのカテゴリーで活躍している熊林保奈美さん。事務所に所属せず、フリーランスでオーディションを受け活動するモデルが、現在「日本レースクイーン大賞新人部門」に挑戦している。

 熊林さんは、北海道出身の26歳。モデルとしてのスタートは『ミスブライダルモデルグランプリ2016』の北海道代表となり、最優秀スチール賞を受賞したことがきっかけ。「知り合いのインスタで“ミスコンに出ました”というのを見たことで興味が湧いて、自分でも応募して見ました。北海道代表としてコンテストに出る対策のためにウォーキングレッスンを受けさせていただいたことがきっかけで、モデルのお仕事をいただくようになったんです」。

 その後も「ミスアースジャパン」3位入賞や「ミスユニバースジャパン」ファイナリスト選出など数々のミスコンに出場し、道内でのショー出演やPRモデルとして活動するなかで「いただいたお仕事だけではなく、自分でも探さないといけないと思って。その方法を探すうちにオーディション情報サイトの『デビュー』さんを見つけて、フリーで活動するようになりました」という。

 デビュー登録後は、興味のあるオーディションをチェックし「条件やスケジュールが合って、行けそうなものは片っ端から行ってました」という熊林さん。そして2018年2月に「スーパーGTレースクイーン」の募集に出会う。「北海道ですと車が生活必需品でしたし、自分で車を運転するのも大好きで、レースクイーンには興味がありました。でもレースクイーンってどうやってなればいいのか分からなくて。事務所に所属してからオーディションを受けるのが普通なんですが、地元だと事務所に所属するということが分からな過ぎて…。だから、無所属でも応募できるオーディションを見つけることができてよかったです」。

 約1年ほど前に行われた、レースクイーンのオーディションについて振り返る。「ミスコンとは全然違う雰囲気でした。広い控室に女の子が何十人も集まって、すでにメディアで見たことがあるような子もいました。昨年フロンティアキューティーズをやっていた方も受けていて、毎年オーディションをしているんだ!って衝撃を受けて。これは頑張らないといけないって気持ちが引き締まりました。自分はレースクイーンのキャリアはありませんが、ウォーキングレッスンを受けた経験があるので、カッコいい歩き方だけはアピールして。面接ではドライブが好きという話になって、車が大好きなのでもっと近くで見たいというアピールをしました」。

 そして「フロンティアキューティーズ」のメンバーに選ばれたことをきっかけに上京を決意する。「それまではオーディションの度に東京に来ていましたが、往復の交通費がだんだん凄い事になっていたので、もう住むしかないと。上京は自分の人生の中で大きな決心でしたが、やるなら今しかないと思いましたし、レースクイーンにはもっともっと若い子がいっぱいいるので、ステップアップのためのラストチャンスという気持ちで上京しました」。なお、ディズニーが大好きな熊林さんは、上京を果たしたことで、夢だった東京ディズニーランドの年間パスポートを購入したそうだ。

 昨年、初めてレースクイーンの仕事を経験した熊林さん。「レースクイーンは、写真では皆さんキラキラして笑顔が綺麗なんですけど、夏はコンクリートの照り返しが熱かったり、ドライバーさんの移動に合わせて、パラソルを手にすごく高いヒールを履いてついて行くとか大変なことも多いです。でも、テレビで中継されてニュースになるようなレースを目の前で見られて、ドライバーさんの緊張感やチームの雰囲気を感じることが出来ますし、私は自分でタイヤ交換もするぐらい車が好きなので、ピット作業を間近に見られるのも新鮮で、すごく楽しくお仕事させていただいています」と天職を見つけられた様子。「今後は、車やレースの番組レポーターなど、車関係のお仕事を増やしていきたい」と夢を語る。

 レースクイーンになって、注目度も格段にアップした。「自分をアピールできる場所も増えて、多くの方に知ってもらうことで、モデルのお仕事に繋がるようになりました。以前、『マツコ会議』の中継がスーパー耐久の現場に来て、私の立っていたポジションが良くて結構画面に抜かれたので大きな反響がありました。一念発起して上京したことで、環境ががらりと変わりましたね」。今年2年目に突入し、スーパー耐久からスーパーGTのレースクイーンへとカテゴリーも昇格。現在『日本レースクイーン大賞』新人部門にエントリー中で「新人賞はスーパーGTレースクイーン1年目だけの賞。投票が始まっているので、応援していただけたら嬉しいです」と呼び掛けた。

 現在も、デビューを通じてオーディションに応募するフリーランスのモデルを続けている熊林さん。「職場の方に知ってもらって応援してもらいながら、自分の好きなことが出来るので本当に楽しいです。普通のお仕事をしながらフリーランスで活動したいと思っている人にとって、デビューは有益なサイトだと思います」と実感を込めて語る。そして「興味があることについて自分で調べることによって、デビューさんのようなサイトに出会うことが出来ました。やりたいと思うことがあったら、自分から行動することが一番大事かなって思います。チャンスは自分から掴むことしかできないと思うので。こういうの…ちょっと恥ずかしいですね(笑)」とメッセージを送った。

■熊林保奈美(くまばやし・ほなみ)
1992年10月4日生まれ、北海道出身。
身長:168cm スリーサイズ:B85cm・W60cm・H89cm
5月25日・26日、鈴鹿サーキットで行われる「2019 AUTOBACS SUPER GT Round 3 SUZUKA GT 300km RACE」にNILZZ Racingが参戦。
現在「日本レースクイーン大賞 新人部門」にエントリー中。ファーストステージの投票は6月5日まで。

関連記事(外部サイト)