西川史子、挙式翌日に離婚を予見「あれが最高潮だった」

西川史子が挙式翌日に離婚を予見と明かす 中村静香、安藤なつらとイベントに登場

記事まとめ

  • 西川史子が都内で下着ブランド『HEAVEN Japan』の新キャンペーン発表会に参加した
  • 14年に離婚した西川史子は「結婚式の次の日にダメかも」と思ったことを明かした
  • 女優の中村静香、お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつと結婚や恋愛話などを語った

西川史子、挙式翌日に離婚を予見「あれが最高潮だった」

西川史子、挙式翌日に離婚を予見「あれが最高潮だった」

挙式の翌日に離婚の予感がしていたことを明かした西川史子 (C)ORICON NewS inc.

医師でタレントの西川史子(48)、女優の中村静香(30)、お笑いコンビ・メイプル超合金の安藤なつ(38)が3日、都内で下着ブランド『HEAVEN Japan』の新キャンペーン発表会に参加。西川は挙式の翌日に離婚の予感がしていたことを明かした。

 西川は銀色の艶やかなドレス姿で登場。結婚や恋愛についてトークを行った。中村の勝負下着がピンク色と知ると西川は「白かピンクと決めてます」と明かした。長年の経験から「なんだかんだ男の人は白っぽい方が好き」という結論に至り「開けたときに楽しみがあるように…」と笑っていた。

 また、中村は「ジミ婚でいいです」と理想の結婚式について語った。すると西川は「結婚式が素晴らしいと次の日にダメだな、と思う」と意外な事実を口にした。西川は2009年に結婚したが、14年に離婚という結末を迎えている。「この結婚がダメだったかもと思ったのは結婚式の次の日。あれが最高潮だったな、と。だから特別なことをしない方がいいんでしょうね」としみじみと思いを巡らせた。そして、現在の理想の相手については「尊敬できる人。そこに尊敬がないと優しくもできない。それができる人がいいな」とイメージしていた。

 新キャンペーンは「ジューン・“ブラ”イド」という名前で、大阪・心斎橋と東京・青山の同ブランド試着体感サロンに、資料請求した人の中から抽選で100人を招待。フィッティングアドバイザーからマッチングした下着を無料でプレゼントするというキャンペーンとなっている。

関連記事(外部サイト)