小松彩夏、5年ぶり撮り下ろしグラビア魅せる変わらぬ美貌 デジタル写真集も発売

小松彩夏、5年ぶり撮り下ろしグラビア魅せる変わらぬ美貌 デジタル写真集も発売

『週刊プレイボーイ』25号に登場した小松彩夏(C)矢西誠二/週刊プレイボーイ

女優の小松彩夏(32)が、10日発売の『週刊プレイボーイ』25号(集英社)に登場。5年ぶりとなる撮り下ろしグラビアで、変わらぬ美貌と成長した大人の色気をたっぷり見せつけた。

 小松は2003年にドラマ『美少女戦士セーラームーン』のセーラーヴィーナス役で女優デビュー。04年には日テレジェニックに選ばれてグラビアアイドルとしても活動し、多数の男性誌の表紙&グラビアを席巻してきた。その後も女優としてさまざまな作品に出演し、今年3月にはそれまでの所属事務所を離れ、フリーとして活動している。

 久しぶりのグラビアとなった今回、小松が20代前半の頃から何度もロケに同行している編集者が担当し、「その時からまったくなにも変わらないんです。話し方も醸し出す空気感も、そのキュートさも美貌も!この変わらない才能こそが『小松彩夏』なのかなあと改めて感じました」と変わらぬ魅力を絶賛。

 本号と同時にデジタル写真集『【デジタル限定】小松彩夏写真集「KOMAPHOTO[fantasy]」』の発売も決定。編集者は「2人のカメラマンとつくったこのグラビアとデジタル写真集が、“小松彩夏第2章”の背中を押す作品となることができたら、これ以上うれしいことはありません!」とアピールしている。写真集は「週プレ グラジャパ!」ほか主要な電子書店で配信。

 同号にはそのほか、上田操、日比美思、御子柴かな、亜海やまとなどが登場。表紙を飾ったのは佐藤美希。

関連記事(外部サイト)