千鳥、テレ東・佐久間氏のラジオに生出演「『ゴッドタン』は若手の精神安定剤」

千鳥、テレ東・佐久間氏のラジオに生出演「『ゴッドタン』は若手の精神安定剤」

(左から)大悟、佐久間宣行氏、ノブ (C)ORICON NewS inc.

お笑いコンビの千鳥が、12日深夜放送のニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水曜 深3:00)に生出演。パーソナリティーを務める、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏が『青春高校3年C組』や『キングちゃん』などを手がけていることにちなんで、今回の出演が実現したが、佐久間氏は「2部ではありえないレベルのタレントをブッキングしました。今一番忙しいコンビです」と紹介した。

 番組冒頭、佐久間氏が「ノブさんは自分から『ぜひ、行きたい』とおっしゃっていただいたんですけど、大悟さんは一言も言ってないので、僕が呼んだ形になっちゃっていると思います。でも、大悟さんには貸しがあって。大悟さんは吸っちゃいけないところでタバコを吸うっていうことを、ボケでやるんですけど、よみうりランドでそれをやったら、めちゃくちゃ怒られた。なので、貸しがあるんです」と笑わせた。

 その後、千鳥の2人が登場。コンビとしての歩みを語る中で、ノブは「気持ち的にはピカル終わって、ヤバいぞ、東京ではダメなのかなと思っていて、でも『ゴッドタン』だけ呼んでくれていて。『ゴッドタン』は若手の精神安定剤なので、全然大丈夫だと思っていた」としみじみ。大悟の酒絡みの話題で『キングちゃん』遅刻事件、ヒロミと初共演での遅刻エピソードなどが語られた。

 大悟は、志村けんとプライベートでも親交が深いが、ノブがそのきっかけについて「ネタ番組で僕らの『おぬし』っていうネタを見ていただいて。ある時、(笑福亭)鶴瓶師匠から電話があって『今、番組で志村さんとボーリングやってんねんけど、ずっとおぬしって言うねん』って(笑)。そこから、志村さんの番組に呼んでいただいて」と回顧。大悟は「マジなトーンで、志村さんが『あのネタ(おぬしのネタ)だけど、被すっていうのが難しいんだよな』って、急にマジのトーンで言ってくれたことがある」と明かした。

関連記事(外部サイト)