浅田真央『24時間テレビ』は「すべてが挑戦」 メインパーソナリティー嵐には「助けて頂けるかな?」

浅田真央『24時間テレビ』は「すべてが挑戦」 メインパーソナリティー嵐には「助けて頂けるかな?」

『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)(左から)大野智、二宮和也、櫻井翔、浅田真央、相葉雅紀、松本潤(C)日本テレビ

フィギュアスケーターの浅田真央(28)が、今年の日本テレビ系『24時間テレビ42』(8月24・25日放送)のチャリティーパーソナリティーに決定した。浅田は同局を通じて「番組を通じて多くのことを学び、考え、人と人がつながるお手伝いができればうれしいです。楽しみながら、視聴者の皆さんに多くのメッセージが届くように精一杯がんばりたいと思います」とコメントを発表した。

 今年のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。メインパーソナリティーは、嵐が6年ぶり史上最多5回目の大役を務める。総合司会は、羽鳥慎一アナウンサーと水卜麻美アナウンサー(日本テレビ)。会場は東京・日本武道館から番組初の東京・両国国技館に移る。

 江成真二総合プロデューサーは「浅田さんは、私を含め日本中の皆さんがずっと昔からテレビで見ていて、『まるで家族のひとり』と感じてしまうような不思議な存在の方。そんな浅田さんこそ『日本中の人と人をつなぐ』今回の24時間テレビにぴったりではないか、とチャリティーパーソナリティーをお願いしました」と起用理由を説明。「これまで数々の感動を私たちにくれた浅田さんとともに、この夏視聴者の皆さんに爽やかな感動をお届けしたいと思ってます」とメッセージしている。

■浅田真央コメント

――チャリティーパーソナリティー就任をきいた時の感想は?
「まず、驚きました。すべてのことが初めてですので『私にできるかな?』と不安もありましたが、新しい令和という時代と共に、自分自身も新しいことにチャレンジしたいと思いましたし、24時間テレビで多くの人に喜んでもらえるようなチャリティーパーソナリティーを務めたいと思います」

――24時間テレビについて思うことは?
「視聴者・出演者・スタッフの皆さんがひとつに繋がって、24時間の中に、チャレンジや感動が本当にたくさん詰まっているなと感じています」

――メインパーソナリティー嵐の皆さんの印象は?
「誰もが知っているスーパーアイドルだと思います。何度もご一緒したことがあるので、助けて頂けるかな?と思います(笑)」

――番組への意気込みを
「チャリティーパーソナリティーはもちろん、24時間テレビに(チャリティーパーソナリティーとして)出演すること自体が初めてで、私にとってはすべてが挑戦です。番組を通じて多くのことを学び、考え、人と人がつながるお手伝いができればうれしいです。楽しみながら、視聴者の皆さんに多くのメッセージが届くように精一杯がんばりたいと思います」

関連記事(外部サイト)