芦名星、ジンギスカン店の前で大喜び 主演ドラマは「どんでん返し」が見どころ

芦名星、ジンギスカン店の前で大喜び 主演ドラマは「どんでん返し」が見どころ

7月期のBSテレ東/BSテレ東4K「土曜ドラマ9」枠『W県警の悲劇』でゴールデン帯連続ドラマ初主演を務める芦名星(C)BSテレ東

女優の芦名星が、7月期のBSテレ東/BSテレ東4K「土曜ドラマ9」枠『W県警の悲劇』(7月スタート、毎週土曜 後9:00)で主演を務める。2002年に女優デビューして以来、ゴールデン帯の連続ドラマに主演するのは、本作が初めて。その一報を、「マネージャーさんから連絡をもらって、ジンギスカン屋さんの前で飛び跳ねて喜びました」と明かし、「台本なども整いまして、自分も『いよいよだな』という感じでいる」と、撮影に向けた意気込みを改めて語った。

 同ドラマは、『凍てつく太陽』で今年の第21回大藪春彦賞、第72回日本推理作家協会賞を受賞したばかりの、葉真中顕氏の同名小説(徳間書店)が原作。男尊女卑が色濃い旧態依然の県警の中で、女性警察官の道を作るために“出世”を目指す監察官・松永菜穂子の奮闘を描く。

 マネージャーから連絡を受けて、「え!? やったーーー!」と飛び跳ねて喜び、「今日はおいしいジンギスカンが食べられる!」と思ったと話し、クールビューティーな見た目とは少々ギャップのある一面をのぞかせた芦名。

 「(主演は)とてもうれしいですし、なんとも言えない感慨深いものもあって…。そういう気持ちをぐっと心の奥底に抑えながら、私がやれることを台本と向き合って、役と向き合って、いつものようにやることでいいのかな。あまり緊張しないように、できることを精一杯やろうと思っています。私はいざという時、“ごにょごにょ”しちゃうんです(笑)。でも役に入ると、スッとなれる瞬間を感じたことがあるので、今回は頭の回転がとにかく早い菜穂子さんを通じて、私も“ごにょごにょ”しなくなればいいな、なんてちょっと思ってます(笑)」。

 監察官である菜穂子の仕事は、所轄の女性警察官が起こした過ちや事件が大きな問題になる前に、処理すること。毎話、女性警察官役の女性ゲストと監察官室という密室で、尋問という会話劇を繰り広げることになる。

 「毎話とても個性的な女性ゲストを迎えるので、台本に描かれていることもすごく面白いですけど、それを演じていただく方ごとに色がついて、肉付けされて、もっと膨らむと思います。私のほかに、もう一人女性がいるというところが、すごく楽しみです。そこの心理戦を私が誘導していかなきゃいけなくて、それを巧みにやるのが菜穂子なんですけど、私自身はあまりそういうことが得意ではないので(笑)、今回、役を通じてチャレンジできることが、すごく面白いなと思っているところです」。

 事件が起きて、捜査して、犯人逮捕、というオーソドックスな刑事ドラマとは一線を画する作品になることは間違いない。

 「警察内部の話なので、私自身、知らなかったことも多くて、『へぇ〜』『そういうことがあるんだ』という部分も楽しんでもらえると思います。菜穂子が自分なりの正義を貫く姿勢だけじゃなく、相手の正義も聞き出して、“正義”という難しいテーマがいろんな角度から描かれます。そして、毎回、最後にどんでん返しがあるんです。どんでん返しを楽しみに最後まで見てもらいたいな、と思います」。

関連記事(外部サイト)