「生きてるーっ!」 稲垣吾郎と香取慎吾、高橋由伸の同世代3人が全力で叫ぶ姿披露

「生きてるーっ!」 稲垣吾郎と香取慎吾、高橋由伸の同世代3人が全力で叫ぶ姿披露

(左から)おそろいの白×青スタイルで「生きてるーっ!」と叫ぶ稲垣吾郎と高橋由伸氏と香取慎吾

俳優の稲垣吾郎と香取慎吾が2人の志士として出演するシリーズの新CM「ノンアル維新!夏だ、自由だ。」篇が、22日から公開される。今回ゲストには、野球評論家で読売巨人軍特別顧問の高橋由伸氏が登場。同世代でもある3人は、おそろいの白×青スタイルで、海に向かって「生きてるーっ!」と全力で叫ぶ姿を披露している。

 今年2月にスタートした同CMシリーズは、“ノンアル維新”というテーマのもと、サントリーのノンアルコールビール『オールフリー』を広めるために立ち上がった2人の志士(稲垣、香取)を描いてきた。

 シリーズ第3弾となる今作は、絶景の大海原で遠くを眺める稲垣と香取、高橋のスリーショットから始まる。「いいものが売れる」、「そんな時代にしたくて」と力強く宣言する稲垣と香取。凛とした表情の高橋の横顔には「さあ、自由だ。」というタイトルが重なり、最後には『オールフリー』を飲みながら、爽快感を楽しむ3人の姿で締めるストーリーとなっている。

 撮影は5月半ば、秘境のような砂浜で行われた。雨のち曇りの天気予報から一転、当日は気温が30度近くまで上がる晴天に。まさに絶好の撮影日和となった。一方、最も撮影を重ねたのは、全員で叫ぶラストカットだ。海面スレスレを飛ぶドローンが波打ち際に立った3人に近づいていく場面では、繊細なコントロールが要求され、かなりの時間を費やしたという。

 今回、17年ぶりのテレビCM撮影となった高橋は、撮影後のインタビューで「ずっと緊張しっぱなしでした」とコメント。そんな風に見えなかったという2人に対し、「ドキドキしていました。衣装を着て役を演じるというのは、やっぱり緊張します」と答えていた。

 また以前、コンサートを見に行ったことがあったという高橋が「あと野球の試合で国歌斉唱された時もお会いした」と話すと、稲垣と香取は「あれは緊張した」と即答。稲垣は「高橋さんの(今回の撮影の)緊張は、その時の感覚と似てるのかなぁ」と語るなど、3人は思い出話に花を咲かせていた。

関連記事(外部サイト)