西郷輝彦、24年ぶり日曜劇場出演「若い連中とともに作り上げていきたい」

西郷輝彦、24年ぶり日曜劇場出演「若い連中とともに作り上げていきたい」

日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』に出演する西郷輝彦 (C)TBS

今年芸能生活55周年を迎えた俳優・西郷輝彦(72)が7月スタートのTBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(毎週日曜 後9:00)に出演することがわかった。西郷は『輝け隣太郎』(1995年)以来、約24年ぶりの同枠出演。大泉洋演じる主人公の中堅サラリーマン・君嶋隼人(きみしま・はやと)が働く大手自動車メーカー『トキワ自動車』社長・島本博(しまもと・ひろし)役に起用された。

 同ドラマは池井戸潤の原作小説を実写化。出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていた君嶋は、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、本社から府中工場に左遷。やるせない思いで総務部長として赴任する工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム『アストロズ』のゼネラルマネージャーを兼務することに…。かつては強豪チームだったものの、いまは成績不振にあえぐアストロズを再建するべく、知識も経験もないなか、出世の道を絶たれた君嶋の再起をかけた戦いが始まる。

 島本は、120年の歴史があるトキワ自動車の創業家社長。経営においては常に厳しい目を持つ堅実な人物である一方で、根っからのラグビー好きで、アストロズの創設者でもある。本社の幹部候補生であった君嶋の能力を高く評価しており、信頼している。島本は工場に飛ばされ出世の道を断たれた君嶋の手助けをする人物となるのか。それとも再起を阻む人物なのか…。

 同じ池井戸作品である『下町ロケット』を「発売されて直ぐに拝読し感動しました」と話す西郷。「ドラマも見ていましたが、まさか池井戸先生の新作に出演できるとは夢にも思いませんでした。最高です!」と大感激。

 「僕が演じる島本という男はスポーツが大好きな社長です。現実社会ではそこまでスポーツにのめり込んでいる社長に会ったことはないのですが、事業もスポーツも紳士であることをモットーに、胸のうちに熱さを秘めて、若い連中とともに作り上げていきたいと思います」とやる気をみなぎらせている。

 伊與田英徳プロデューサーは「鋭くもあり、一方で優しく後輩を包み込むという役柄は、西郷さんにしか演じきれないと思いオファーさせていただききました」と起用理由を説明。「こんな社長がいたらいいなと思えるような社長になっていると思います。55周年という節目にご一緒できて大変光栄です」と歓喜している。

関連記事(外部サイト)