SixTONES森本慎太郎“かっこいい”瞬間を再現 上野樹里から無茶ぶり

SixTONES森本慎太郎“かっこいい”瞬間を再現 上野樹里から無茶ぶり

自身の“かっこいい”瞬間を再現した森本慎太郎 (C)ORICON NewS inc.

ジャニーズJr.の人気グループ・SixTONESの森本慎太郎が28日、都内で行われた7月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』(7月9日開始・毎週月曜 後9:00※初回30分拡大)舞台あいさつに登壇した。「自分がかっこいいと思う瞬間」を問われた森本は「風呂上がりはかっこいい」と回答すると、上野樹里から「再現できる?」との無茶ぶりされ、風呂上がりの自分をその場で実演して盛り上げた。

 同ドラマは、新米法医学者・万木朝顔(上野)とベテラン刑事の万木平(時任三郎)の親子が寄り添いながらもかたや解剖、かたや捜査によってさまざまな遺体の謎を解き明かしていくヒューマンドラマ。森本は平が異動してくる強行犯係の刑事・森本琢磨を演じる。

 イベントでは朝顔が遺体に問いかける『教えてください、お願いします』というせりふにちなみ、事前に質問を募集。森本は「再現は、ちょっとねぇ…?」とタジタジになりつつも座長からの希望に、立ち上がってタオルで頭を拭く動作を再現し「鏡の自分と目を合わせてるときに『こいつかっこけぇな』って」と説明するも、「熱くなってくる」と照れ笑い。共演の平岩紙から「よかったですね」と淡白に突っ込まれ、笑いを誘った。

 また、『死ぬまでにしたいけど大きくはない夢』という質問では、事務所の先輩・風間俊介が「今はやってるみたいなんですけど、僕タピオカ飲んだことないんです。昔のタピオカと違って、玉がいま白玉みたいに大きいって聞いたので、飲んでみたい」と興味を示すと、森本は「差し入れで入れてくださいよ」とちゃっかりリクエスト。風間は「入れてくれるんじゃなくて、俺が入れるの?」と思わず聞き返してその場を沸かせた。

 月9枠初出演にして刑事を演じる森本だが、偶然にも役名も“森本”。「最初見たときはびっくり。現場では『森本くん、ここのせりふさ』と言われると、どっちの森本か。慎太郎なのか、琢磨なのか探りながら聞いてます。あと現場ではドジっ子感を足してほしいと言われて、ドジっ子感を出したアドリブをしている感じです。机の角に足ぶつけちゃうとか…」とその愛すべきキャラクターにも注目だ。

 このほか、時任三郎、中尾明慶、板尾創路、山口智子が登壇した。

関連記事(外部サイト)