“令和初”ジュノンボーイ候補105人が決定 王子様、12歳、高学歴大学生など十人十色

“令和初”ジュノンボーイ候補105人が決定 王子様、12歳、高学歴大学生など十人十色

第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストBEST105 写真/JUNON編集部(2019年6月22日発売JUNON8月号より抜粋)

伊藤英明、三浦翔平、菅田将暉らを輩出した若手俳優の登竜門『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト グランプリ』で、応募総数1万7165人から第2次審査を勝ち抜いた総勢105人が決定し、全員の顔写真が公開された。22日発売の『JUNON』8月号でお披露目される。

 32回目となる今回のベスト105には、キラキラの王子様系男子から、成長が楽しみな若干12歳の美少年、高学歴大学生、爽やかスポーツマン、シンガーソングライターなど、十人十色のイケメンが勢ぞろい。さらに、サンリオから大人気のシナモロールが参戦し、2次審査を突破している。

 ここからの第3次審査は、22日から30日の期間で、『JUNON』本誌のとじ込みはがき、携帯・スマホサイト「プラチナ☆JUNON」、公式アプリ「CHEERZ for JUNON」、動画配信サービス「SHOWROOM」での人気投票で決定。ベスト50→ベスト30→ベスト15→ベスト10と絞られていく。敗者復活戦数名を合わせて決定したファイナリストから、11月24日の最終選考会で第32台グランプリが決定する。

 今年で32回目を数える同コンテストでは、「あなたの隣のすてきな男の子、推せんしてください」をキャッチフレーズに1988年にスタート。これまでに武田真治、袴田吉彦、柏原崇、小池徹平、平岡祐太、溝端淳平など多数の男性スターが誕生した。

関連記事(外部サイト)