20歳、自画像を描けなかった美大生「自分を変えるために整形は必要だった」

20歳、自画像を描けなかった美大生「自分を変えるために整形は必要だった」

写真左から、目と歯がコンプレックスだった整形前。自画像が描けるようになった整形後。太田佑佳さん。撮影/草刈雅之 (C)oricon ME inc.

「キレイになりたい」「人生を変えたい」、そんな女性を応援する整形プロジェクトがある。その名も『整形シンデレラオーディション』。整形費用は主催の湘南美容外科クリニックが負担し、グランプリは賞金300万円を手にすることができる。開催4回目となる今回、約1年間のオーディションを勝ち抜きファイナリストとなった1人が、23日に放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)にも登場した20歳の美大生・太田佑佳さんだ。「ネガティブな自分を変えるために整形は必要だった」と語る彼女がオーディションを受けようと思ったきっかけ、そして手術してみて初めてわかった怖さとは?

■ひとつコンプレックスが消えたことで、どんどん欲張りになってしまう

――整形手術から約半年。見た目が変わったことで、気持ちにどんな変化がありましたか?

【太田佑佳】 美大生なのに、これまであまり人物を描いてこなかったんです。中でも自画像は、学校の課題以外は極力描きたくないと思っていたんですが、今は、作品として自分の顔を残したいなと思うようになりました。そんなふうに考えるようになるなんて、整形前は夢にも思わなかったです。

――自分の顔を好きになることができたんですね。

【太田佑佳】 周りと自分を比べることもなくなったし、写真を撮るのもイヤじゃなくなりました。メイクしたり、服を買うのも、前よりずっと楽しくなって、整形前だったら選ばなかったような服も着てみたいと思うようになりました。口下手で緊張しやすいところは変わっていませんが、どんなことにも以前より前向きに、積極的になれていると思います。もうすぐ就活なんですが、今なら面接にも自信を持って臨めそうです。

――今、お話しされている表情もとてもイキイキしています。今回、整形するにあたって、なりたい顔のイメージはありましたか?

【太田佑佳】 明確なイメージはなくて。とりあえず自分が気にしている目と歯だけ直してもらえたらと思っていました。でも、カウンセリングのときに、先生が全体のバランスを見ながら、鼻や顎の骨切りを提案してくださって。骨切りのように大きな手術をすることはまったく考えてなかったんですが、手術後のイメージをパソコンで見せてもらったら、「こっちのほうが断然いいな」と思っちゃって。最終的に目と鼻と顎(骨切り)と歯を直すことになりました。

――大がかりです…。

【太田佑佳】 そうですね(笑)。手術は複数回に分けて行って、最初は目でした。目頭を少し切開して、糸で二重にして。目がぱっちり二重になっただけで、だいぶ印象が変わって、「これで終わりにしてもいいかな」と思えるくらい満足できたんです。でもやっぱり、それだけで終わりにはできなくて…。自分でも危ない考えだと思ったんですけど、ひとつコンプレックスが消えたことで、どんどん欲張りになってしまうんですよね。今回はどこを手術するか、あらかじめゴールが決まっていたからよかったけど、もしそれがなかったら、どうなっていたか…。もっとこうしたいって際限なく言い出しそうで、自分でも怖いなと思いましたね。

――いわゆる「整形依存」になる可能性があったと?

【太田佑佳】 私だけじゃなく、きっと誰にでもその可能性はあるんじゃないかなと思います。そうならないためにも、最終的な目標はしっかり決めておくべきなんだなって、改めて思いました。

■周りと自分を比べてネガティブになっていくのがイヤだった

――自分の顔にコンプレックスを抱くようになったのは大学生からだとうかがいました。

【太田佑佳】 美大に入ってからです。高校生の頃は全然気にしていなかったのに、大学の友達は可愛い子が多くって。私は目も離れているし歯並びも悪い…と友達と自分を比べて、どんどんネガティブになっていったんです。

――多くの女性は大なり小なり容姿の悩みを持っていると思いますが…

【太田佑佳】 そうですね。だから、友達の前で顔のことを気にしているそぶりは見せなかったんです。でも、みんなで写真を撮るときになるべく参加しないようにしたり、人と話しているときも「きっとブサイクと思われてるんだろうな」って考えてしまったり。口にはしないけど、常に心の中は自分の容姿に対する劣等感でいっぱいでした。

――周囲に悩みを打ち明けられないのはツライですね。

【太田佑佳】 毎日本当に憂鬱でした。日に日に後ろ向きになっていく中で、こんな気持ちで過ごすくらいなら、整形してコンプレックスを取り除いてしまおうと思ったんです。

――今回のオーディションに関係なく、整形しようと?

【太田佑佳】 はい。目を二重にするくらいなら、学生でもちょっと頑張ればなんとかなるし、それから気になるところを少しずつ直していこうと思っていました。いろいろ調べていたとき、偶然「整形シンデレラオーディション」のことを知って、挑戦することにしたんです。

■整形は幸せになるためのひとつの手段。だからこそ不幸になるような整形はしてほしくない

――オーディションでは応募後、書類審査や面接を経て、整形手術を受けられるファイナリストは合宿審査で選ばれるそうですね。

【太田佑佳】 合宿ではみんな、私より全然可愛いのに、それでも整形したいと思うくらいコンプレックスを抱いているんだってことに驚きました。お互いに顔の話は一切しなかったけど、気持ちは痛いほどわかる気がして。もちろん、ファイナリストに選ばれたかったし、「もう少し『悔しい』とか『勝ちたい』っていう気持ちを持った方がいいよ」っていろんな人に言われたりもしたけど、みんな本当に頑張っていたので、全員が整形できたらいいのになって、本気で思っていましたね。

――最後に、今、整形を考えている人に伝えたいことはありますか?

【太田佑佳】 コンプレックスを取り除くために整形することはけして悪いことじゃないし、幸せになるためのひとつの手段だと思います。実際、私も整形して前よりずっと、幸せになれました。ただ、やっぱりリスクはゼロじゃないし、どんどん欲が出て歯止めがきかなくなってしまう怖さがあるのも知ったので、不幸になってしまうような整形は絶対にしてほしくないなって思います。

(インタビュー・文/今井洋子)

関連記事(外部サイト)