武田真治、筋肉リズム体操を考案 斉藤こず恵が15キロ減目標のダイエット挑戦

武田真治、筋肉リズム体操を考案 斉藤こず恵が15キロ減目標のダイエット挑戦

24日放送の『有吉ゼミ 劇的変身2時間SP』の模様(C)日本テレビ

きょう24日放送の日本テレビ系『有吉ゼミ 劇的変身2時間SP』(後7:00)で、武田真治による新企画「武田真治の筋肉ダイエット」が始動。体重83.4キロの女優・斉藤こずえが、武田考案の筋肉リズム体操で本気のダイエットに挑む。

 テレビにありがちな安易なダイエット法に物申すべく、武田が提唱するのが「筋肉ダイエット」。「何を食べたら痩せるとか、これを飲んだら痩せるっていうのを、昨今のテレビは謳(うた)い過ぎているのかなと思うんですよね。何はともあれ、筋肉をつけて代謝が上がれば何食べてもOKだと思うんです!」と語り、過度な食事制限はせず、武田流の筋トレで代謝を上げ体型に悩む人々を痩せさせる為に徹底指導する。

 今回この筋肉ダイエットに挑む斉藤は、6年前に78キロから半年で20キロ落としたものの、その4ヶ月後には26キロ太り、84キロになるなど、これまで幾度となくリバウンドを繰り返してきた。そんな斉藤のために、理想の体を作るため、武田がティップネスの福池トレーナーと共に何度も打ち合わせを重ね、自宅でも出来る超効率的に筋肉を鍛える体操を考案した。

 それが「筋肉リズム体操」で、この体操のために音楽も、武田自らが作曲し演奏も担当。わずか1分半で、7つの筋肉を一気に鍛えることができ、2セット3分間行えば、一日の代謝が上がり、30分のジョギングに相当する200キロカロリーほどの消費が見込めるというエクササイズとなっている。斉藤は今回の挑戦にあたって「もうデブキャラには戻らない決断をして(ぽっちゃりキャラの役の)仕事を一つ諦めました。初めてこんな決断したから(この決断が)間違ってなかったということを証明していかないと…」と決意をにじませた。

 一方の武田は「肉体的限界は精神的限界の遥か先にあります。強い気持ちで。つらさっていうのは斉藤さんが勝手に生み出しているイリュージョンかもしれません。同じトレーニングをして楽しいと思う人もいるんです。そっち側の人間になって欲しいんです。最後のダイエットにするために」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)