“バツ4”MALIA.にさんまも呆れ顔 厳しい結婚生活のルールが明らかに

“バツ4”MALIA.にさんまも呆れ顔 厳しい結婚生活のルールが明らかに

25日放送の『踊る!さんま御殿!!』の模様(C)日本テレビ

モデルのMALIA.が、25日放送の日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』(後7:56)に出演。4月1日に、2017年11月に結婚した元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人との離婚を報告。同番組に前回出演した際は、三渡洲との結婚を報告したばかりだったため、MCの明石家さんまは「もうバツ4になってるの!?」と呆れ顔を浮かべる。

 今回は「仁義なき大バトル! おのろけ夫婦 VS バツあり女と未婚女子SP」を特集。MALIA.は「大好きな彼に『結婚しよう』と言われたら断る理由がない」と結婚へのハードルは低い一方で、「外泊禁止」「浮気は1200%アウト」など厳しい結婚生活のルールを明かす。

 MALIA.は2002年、当時横浜F・マリノスの田中隼磨選手と19歳で結婚。長男を出産したが04年に離婚し、翌05年に総合格闘家の山本“KID”徳郁さんと再婚した。同年に次男、さらに翌06年には第3子となる長女を出産したが09年に再び離婚。15年元日に当時横浜F・マリノスの佐藤優平選手と結婚したが、17年3月に離婚し、同年11月に三渡洲と“4度目”の結婚。翌18年8月に第4子となる男児を出産していた。

 番組にはそのほか、“おのろけ夫婦”の天野浩成・雛形あきこ、大浦龍宇一・ゆりえ、チェリー吉武・白鳥久美子(たんぽぽ)宮崎謙介・金子恵美、“バツあり女”の青木さやか、西川史子、“未婚女子”の王林(りんご娘)、堀田茜も出演。“愛”の価値観をめぐって大論争を繰り広げる。

関連記事(外部サイト)