中島美嘉、Netflixドラマで初の蜷川組参加 スランプの歌手役「自分もちょうど、もがいていた時期」

中島美嘉、Netflixドラマで初の蜷川組参加 スランプの歌手役「自分もちょうど、もがいていた時期」

中島美嘉、Netflixドラマで初の蜷川組参加

歌手の中島美嘉が2020年に配信予定のNetflixオリジナルシリーズ『FOLLOWERS』(フォロワーズ)に女優として出演することがわかった。蜷川実花監督が手がける完全オリジナルドラマで、主人公・奈良リミ(中谷美紀)の女子会友達のあかね(板谷由夏)がマネジメントする歌手・sayo役を演じる。

 何もかもがあるかわりに、時にすべてを奪い去っていく街=TOKYO。同ドラマはそんな東京の“今”を敏感にキャッチし、自らの手で成功を手にした女たちと、一方で、まだ“何者でもない”若者たちが華やかで危険なTOKYOで懸命にサバイブしようと模索。そんな彼らの人生が、SNSを通じて意外な形で交錯していく…。

 キャストには第一線で活躍する女性写真家の主人公・リミ役の中谷をはじめ、漠然とした女優への夢を抱えて上京する百田なつめ役に池田エライザ、そのほかに板谷、夏木マリ、コムアイ、上杉柊平、金子ノブアキ、ゆうたろうらが出演する。

 sayoは、かつては人気シンガーだったが、今は表現に行き詰まり様々な葛藤を抱え苦悩する難しい役どころ。中島自身も「ちょうど私がこのsayoという役柄を聞いたときに、たぶん自分もちょうど、もがいていた時期だった気がして、そういうときに、この役を演じ切ったら、すごく気持ちいかもしれないと思いました」と運命的に役柄と出会いを果たした。

 撮影では、「俳優の経験が多いわけではないので、わからなかったらちゃんと聞こうっていうことを心がけ、いろいろな演技のテンションを考えて現場に入りました」といい、「これまでは男っぽい役や、クールな役が多くて、今回は気性が激しい役ではありますが、役作りをさせてもらえる役をいただけたことはうれしかったです」と喜んだ。「このドラマの登場人物たちと同じ気持ちの人がたくさんいると思いますので、このドラマを見てスッキリしてもらえたらいいなと思います」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)