磯村勇斗、冷酷な殺し屋役に挑戦 三浦春馬と激しいアクション「ぶつかっていきたいです」

磯村勇斗、冷酷な殺し屋役に挑戦 三浦春馬と激しいアクション「ぶつかっていきたいです」

三浦春馬主演の連ドラ『TWO WEEKS』に出演が決定した磯村勇斗 (C)カンテレ

俳優の磯村勇斗が、7月16日スタートのカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『TWO WEEKS』(毎週火曜 後9:00)に出演することが、わかった。23日放送の第2話より登場で、三浦春馬演じる主人公・結城大地が遭遇する冷酷な殺し屋・灰谷役に起用された。三浦とは激しいアクションシーンも予定。磯村は「三浦さんとご一緒させていただけることがうれしく、2人のシーンは楽しみです。灰谷が結城とどう関わっていくのか…肉体的にも精神的にもダメージを与えられるよう、灰谷としてぶつかっていきたいです」とやる気をにじませている。

 同ドラマは殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地が、白血病の娘の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。灰谷は闇をまとった不気味な雰囲気と殺気を帯びた目が印象的だが、誰からの指示で動いているか、そして結城にとって敵か味方かも不明の謎の男。結城の逃亡劇に大きな影響を与える重要なキーパーソンとなる。

 連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)で注目を浴び、『今日から俺は!!』(日本テレビ)での卑劣なヤンキー・相良猛役、『きのう何食べた?』(テレビ東京)の自由奔放なジルベールこと井上航役など、話題作で存在感を発揮してきた磯村。今回は視線や表情での繊細な芝居で寡黙な殺し屋を表現する。

 台本を読み「次はどうなる? 次は次は?」とページをめくる勢いが止まらなかったです。それくらいスリリングで、伏線が散りばめられていて、ヒヤヒヤしました。けれど、親子のあたたかい時間も流れていたりと、川下りをしている船に乗っているかのような感覚で読んでいました」と夢中になったそう。

 これまで演じたなかでも群を抜いて闇深い人物・灰谷役に「口数が少なく表情で伝えるシーンが多いので、目の芝居が必要になるかと。見え方は謎の男ですが、演じる側としてはしっかりバックボーンを持って臨みたいと思います」と思い描く。「2週間という限られた中でのスリリングな逃亡劇。僕自身もハラハラしています。でもそこには、人との出会いがあり、愛や希望が詰まった力強い作品になっていると思います。ぜひ放送まで楽しみにしていただきたいです」と自信を込めている。

 岡光寛子プロデューサーは「爽やかな好青年から個性的な悪役まで幅広く演じられている磯村さんは、ついつい目で追ってしまう唯一無二の雰囲気を持っていらっしゃる俳優さんだなという印象です」と力説。

 その上で「演じていただく灰谷という役は、無表情でセリフもほとんど無い、何を考えているのか分からないミステリアスな人物。この役を磯村さんが演じたらどうなるのか?これまでとはまた別の顔が見られることに期待が高まります。三浦春馬さんとのアクションシーンもあり、灰谷と主人公の結城がどのように交わるのか、先日お2人が対面する姿を見てワクワクしました。彼の行く先にもご期待いただければ幸いです」とみどころを語っている。

関連記事(外部サイト)