元KARAハラ、生放送ポロリ“事故”も笑顔「ハラハラしました」 『テレ東音楽祭』で仕事復帰

元KARAハラ、生放送ポロリ“事故”も笑顔「ハラハラしました」 『テレ東音楽祭』で仕事復帰

テレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭2019』に出演したHARAと沖縄出身のガールズグループ・Chuning Candy

今月22日、日本でソロ活動をスタートさせることを発表した元KARAのハラことHARAが26日、5時間にわたって生放送されるテレビ東京系音楽特番『テレ東音楽祭2019』(後5:55〜10:54 ※一部事前収録あり)に生出演し、仕事復帰。歌唱中に衣装がさがり胸の部分の下着が露出するハプニングもあったが、最後までキレのあるダンスを披露した。

 テレビ出演が、韓国ソウル市内の自宅で自殺未遂したことが報じられた5月26日以来となるハラ。歌唱前には「ちょっと緊張しているんですけど、皆さんご無沙汰しております」とあいさつ。心配の声には「ご覧の通り、ハラはものすごく元気です」と伝え「ハラらしい歌手として、一生懸命活動していきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」とファンにメッセージをおくった。

 この日は、2010年の日本デビュー曲「ミスター」を披露。所属事務所・プロダクション尾木と契約するきっかけともなった沖縄出身のガールズグループ・Chuning Candyとのコラボで第2次韓流ブームの火付け役ともなった“ヒップダンス”で魅了。しかし、途中で衣装がさがり胸の部分の下着が露出するハプニングも。それでも、最後までキレのあるダンスを見せた。

 その後のスタジオトークで司会の国分太一から「きょうはハラハラするハプニングがありましたね?」と話題を振られると、ハラは「あ、ちょっと、ハラハラしました」と笑いつつも「あの、ちょっと頑張りすぎちゃって、あの、皆さんごめんなさい」と深々と頭を下げた。

 国分とハラのやりとりにSNS上では「ハラちゃんーコメント聞けてホッとした。なんも触れんままもなんかモヤモヤしたし太一くんのMCの安心感」「ハラちゃんプロ魂見せてもらったよ」「そりゃあ、ハラハラするよな!」「ハラちゃんかっこよかったし可愛かった頑張って!!!!!」「ハラちゃん謝らないで 最後まで笑顔で踊ってくれた、それだけで充分だよ!」などの声が相次いでいる。

 また、出演後には所属事務所を通じてハラは「生放送でハプニングもありハラハラしましたが、最後まで頑張って歌いきりました」とコメントを寄せている。

関連記事(外部サイト)