岡村隆史、休業時のたけしの助言明かす ヒロミの言葉に突然の涙

岡村隆史、休業時のたけしの助言明かす ヒロミの言葉に突然の涙

30日放送のバラエティー番組『アオハルTV』の模様(C)フジテレビ

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、30日放送のフジテレビ系バラエティー番組『アオハルTV』(後9:00)に出演。ヒロミ、門脇麦とともに大人のこだわりキャンプに繰り出す。

 今回は“一流芸能人は何にアオハルしているのか”を調査するべく、ヒロミがロケを敢行。談合坂SA(サービスエリア)で待っていた岡村と合流すると「なんでおっさん2人が…」とこぼしながらも、ヒロミの運転で山梨県のキャンプ場へと向かう。車内では岡村の選曲で80年代のユーロビートを聞きながら、青春時代の話に。芸人として売れ出した頃、2人ともビートたけしから同じように声をかけられたことがあるといい「今でも忘れていない」と語る。

 トークが盛り上がる中、目的地である西湖のキャンプ場に到着し、さっそく「買ったのに開封すらしていないキャンプグッズ」を出し合うことに。岡村は試行錯誤しながら組み立てること15分、ダッチオーブンスタンドを完成させる。「これ1点勝負? なんだよお前〜」と言ったヒロミが車を開けると、中には未開封のキャンプグッズの数々が出てくる。

 ヒロミが最初に出したのは、「中居(正広)がキャンプに行きたいって言うから買った」というある特殊な機能を持つ最新型テント。いざ出かけようとしたら、「風が結構強いですね。ヒロミさん家にしません?」と中居が言い出し、結局、行かなかったため未使用のままだという。それを聞いた岡村は「あいつそういうところあるからなぁ」と納得。ほかにも、ワンポールテント、薫製(くんせい)器、ロケットストーブコンロ、たき火グリルなど、あらゆるキャンプグッズが続々と登場する。

 キャンプ好き女優の門脇が、続いて登場。子どもの頃から家族でキャンプに出かけていたそうで、海も山も好きなアウトドア派だという。そんな門脇が「やってみたかった」と語る、あるオススメのアクティビティに挑戦することに。悪戦苦闘すること20分、初体験ながら身軽な動きで最初に達成した門脇が「最高!気持ちいいなぁ〜」と余裕を見せる中、岡村は足がつってしまい、ヒロミは「怖え〜」とビビりまくる。

 日が暮れ始めた頃に取り掛かったのは“大人のこだわりキャンプ飯”作り。岡村は野菜と手羽先を使ったシンプルな料理を始めるが、丁寧で慣れた手つきを披露。門脇は魚の頭などを集めアラ汁を作ると言うが、女優とは思えない発言で岡村を固まらせる。一方のヒロミは、おろしたてグッズを使って薫製(くんせい)料理にとりかかるが、その30分後、事件がぼっ発。岡村が「何か燃えてますって、ヒロミさん!」と慌てると、ヒロミと門脇も「大変だ大変だ!」とパニックに陥る。

 お互いの個性も分かり、距離が縮まったところで、たき火を前にして自然と語りだす3人。ヒロミが芸能界復帰の真相を話し、同じように休業していた岡村は、たけしとの秘話を披露。「お金だけは貯めておけ」という助言をされたというが、「たけしさんがそんなこと言うんだ…」とヒロミは驚く。それぞれが本音で語り合う中「いろいろあるんですよ、人生って」というヒロミの言葉に門脇が真剣に耳を傾けていると、岡村の目に涙が浮かぶ。その涙の真相とは。

関連記事(外部サイト)