山田涼介、『もみ冬』クランクアップで笑顔「みなさんに喜んでいただける作品に」

山田涼介、『もみ冬』クランクアップで笑顔「みなさんに喜んでいただける作品に」

スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』をクランクアップした(左から)波瑠、千葉雄大、山田涼介(Hey!Say!JUMP)、小瀧望(ジャニーズWEST) (C)日本テレビ

Hey! Say! JUMPの山田涼介が29日放送の日本テレビ系スペシャルドラマ『もみ消して冬 2019夏〜夏でも寒くて死にそうです〜』(後9:00)をクランクアップさせた。ともに撮影を終えた千葉雄大と花束を受け取ると、共演の波瑠、ジャニーズWESTの小瀧望とともに笑顔で写真撮影を行った。

 山田にとっての撮影ラストシーンは北沢家の自室セットで楠木松也(千葉)とのやり取りの場面。最後のあいさつで山田は「みなさんお疲れ様でした! 短い時間でしたけど、やっぱりもみ冬をこのチームで撮れるという喜びをかみしめつつ、なにより楽しいなと思いました」と達成感をにじませた。
 
 同ドラマは2018年の1月に山田涼介主演で放送された連ドラ『もみ消して冬 〜わが家の問題なかったことに〜』がスペシャルして復活。今回、ロサンゼルスに医者として武者修業に出ていた北沢家の長兄・博文(小澤征悦)が帰国。ロスで「AIを駆使した医療技術」という新たなスキルを身につけ『AI天才外科医』として日本に凱旋した博文は「これから人類の未来はAIが担う! もちろん北沢家の未来も!」と高らかに宣言し、北沢家に最先端の人工知能『AIケンジ』を持ち込む…。
 
 警視庁のエリートだったにも関わらず連ドラで犯罪者となり失職してしまった秀作。「今回、(北沢秀作は)感情の起伏がたくさんあって難しかったんですけれど、その分視聴者のみなさんに喜んでいただける作品になったのではないかと期待を持っています」と自信たっぷり。

 「今日の夜まで(波瑠さんたちは)撮影があるみたいですけど、『ZIP!』の天気予報では急な雨にご注意くださいということでしたので(笑)、無事に撮影が終わることを祈っております。本当にお疲れ様でした! ありがとうございました!」とねぎらった。

関連記事(外部サイト)