わーすた、殺害予告で催し中止 警察署へ被害届を提出「安全を最優先に考え」

わーすたが13日のイベントを中止 インターネットでメンバーなどに殺害予告が投稿

記事まとめ

  • わーすた(ざ・わーるど・すたんだーど)が13日に開催予定だったイベントを中止した
  • 所属事務所はメンバーとゲストに危害を加える内容の殺害予告が投稿されたと報告した
  • そのほかのイベント出演については「警備を更に強化し出演する予定」だという

わーすた、殺害予告で催し中止 警察署へ被害届を提出「安全を最優先に考え」

わーすた、殺害予告で催し中止 警察署へ被害届を提出「安全を最優先に考え」

わーすた

5人組アイドルグループ・わーすた(ざ・わーるど・すたんだーど)の所属事務所「エイベックス・マネジメント」は4日、今月13日に開催を予定していた『mu-moショップ スペシャルイベント』について、メンバーとゲストに危害を加える内容の殺害予告が投稿されたとし、安全を最優先に考え、イベントの中止を発表した。

 サイトでは「過日、インターネットのサイトにて7月13日に開催予定しておりましたmu-moイベントに集まったわーすたのメンバーとお客様へ危害を加える内容の殺害予告が投稿されておりました。(現在は削除されております) 」と報告。

 その上で「警察署へ被害届を提出し、相談させていただいた結果、安全を最優先に考え指定されている7月13日のmu-moイベントを中止させていただきますことを決定いたしました」と発表した。

 「楽しみにしていただいていたお客様には、ご迷惑とご心配をおかけいたしますことを深くお詫び申し上げます。 mu-moイベントの振替と返金などに関しましては、あらためて後日お知らせさせていただきます」と伝えた。

 そのほかのイベント出演については「警備を更に強化し出演する予定にしておりますが、危険の可能性を確認できた場合には予定を変更することもございます。ご了承いただけますと幸いです 」と呼びかけている。

 同日には、わーすたの公式サイトでも「現在安全を第一とし、振替対応を検討しております。詳細決まり次第、オフィシャルHPにて告知をさせていただきますので、お買い求めいただきました商品、イベント参加券は大事に保管していただけますようお願い致します」と記し「何卒、ご理解を頂きますようお願い申し上げます」とメッセージしている。

 わーすたは、2015年3月29日結成。avexアイドル専門レーベル「iDOL Street」第4弾アイドルグループで、世界に照準を合わせ活動する、デジタルネイティブ世代アイドル。SNSとリアルアイドル活動を通じて世界にKAWAIIジャパンアイドルカルチャーを発信している。

 グループ名は「The World Standard」の略。2017年フランスJAPAN EXPOに出演3ステージで約1万人を動員。テレビ東京系アニメ『キラッとプリ☆チャン』エンディングテーマ「プリティー☆チャンネル」などを担当している。

関連記事(外部サイト)