『なつぞら』夕見子の駆け落ち相手は泰樹似?

『なつぞら』夕見子の駆け落ち相手は泰樹似?

連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合ほか)15日放送の第91話より。(C)NHK

連続テレビ小説『なつぞら』の15日放送の第91話では、夕見子(福地桃子)が東京に来た理由が“駆け落ち”だったことが発覚。その相手が泰樹(草刈正雄)にそっくりな風貌の男性であることが明かされた。

 突然現れた夕見子が行き先を告げずに去ってしまった第90話。第91話では、亜矢美(山口智子)が営むおでん屋・風車に、なつ(広瀬すず)や咲太郎(岡田将生)、雪次郎(山田祐貴)、坂場(中川大志)、カスミ(戸田恵子)らが一堂に会していた。

 なつが東京に来た理由を尋ねても中々答えない夕見子。会話を聞いていたカスミが、「ねぇ、駆け落ちでもしてきたの?」と尋ねると、「世間一般の目から見たら、そういうことになりますか」と冷静に答え、相手は同じ大学生で両親にはまだ話していないことが分かった。

 仕事が見つかるまで、風車で働かせてもらうことになった夕見子。仕事が終わり、なつが風車に帰ってくると泰樹(草刈正雄)にそっくりな風貌の男性が。驚くなつに夕見子は「なつ、会わせてやったよ」と目配せ。その男性が夕見子の駆け落ちの相手だということが発覚する…。

 91話の放送後には「夕見子ちゃんが好きなのは祖父・泰樹タイプ。あーあーこりゃ雪次郎が視界に入らないわけだ(涙)」「まさかの夕見子、泰樹さんタイプが好みとはwww」「まあ夕見子の周りの男性で一番頼もしそうなのは間違いなく泰樹さんだから、それが評価基準になるのはわからんでもないw」「夕見子はなつとちがって泰樹に対して執着がないという描写がなされてきたと思うんだけど、恋人が似てるとなると話は変わってくるよね。」などの感想がSNSをにぎわせた。

 以前、北海道大学合格時のインタビューで、北大を目指した理由を問われ「開拓者精神」と答えていた夕見子。その時から泰樹の存在に憧れていたのかもしれない。

 なお現在、夕見子を演じる福地桃子の所属事務所・レプロエンタテインメントが、オーディション情報サイト「デビュー」の特集「夏の特別オーディション2019」で新人を募集中。応募の方法はデビューに掲載(下記リンク参照)。

■福地桃子
1997年生まれ、東京都出身。2016年女優デビュー。おもな出演作に、映画『あまのがわ』『あの日のオルガン』(ともに’19年)、テレビドラマ『チア☆ダン』(TBS系)『あなたには帰る家がある』(TBS系)など。

関連記事(外部サイト)