A.B.C-Z、2年連続ジョイポリイベント開催に歓喜 橋本良亮がメンバーに“あ〜ん”

A.B.C-Z、2年連続ジョイポリイベント開催に歓喜 橋本良亮がメンバーに“あ〜ん”

A.B.C-Z(左から)塚田僚一、河合郁人、橋本良亮、戸塚祥太、五関晃一 (C)ORICON NewS inc.

人気グループ・A.B.C-Zが16日、東京ジョイポリスで開催されるコラボイベント『A.B.C-Z 5STARS FESTIVAL IN JOYPOLIS』記者発表会に登壇した。コラボメニューの試食では、『Za ABC〜5stars〜ナンピザ』を橋本良亮がメンバーに“あ〜ん”。塚田僚一は「やっぱ、たべさせてらもうと美味しさ倍増!」と白い歯をみせると、河合郁人から「元の味を伝えてもらっていいですか?」と冷静にツッコミ。戸塚祥太は「ナンという、ナンだこりゃうまいなって」とダジャレで応じるなど思い思いに感想を伝えた。

 2年連続となる同所でのイベントでは、“フェスティバル”をテーマに完全撮り下ろしのデジタルライブの上映やアトラクションとの楽曲でのコラボやナビゲート担当、オリジナルグッズやメニューの販売などが展開される。

 前期・後期(8月29日)で分かれ、グループの楽曲名がついたコラボメニューでは、五関晃一が「個人的にはエビチリ(前期『Fire in Love エビチリ丼』)がすきでしたね」とお気に入りを明かすと、戸塚は後期の『Twinkle Twinkleカレー』を「カレーだいすき。めちゃくちゃトゥインクルです」と率先してモグモグ。朝ごはんを抜いてきたそうで試食台が下がってもピザを片手に満足げだった。

 また、『お祭り』に関してのエピソードトークでは、塚田がデビュー前にタイのパタヤミュージックフェスティバルに参加した際の早替えで、戸塚のローラースケートが脱げてしまった経験を披露。そのまま片足だけ装着して滑ったそうで戸塚は「そのときから“ショー・マスト・ゴー・オン”の精神が染み付いてたのでステージに出たらやらなければと。片足はすべる、片足は止まるという矛盾のなかで当時十代の自分は頑張ったと思います」としみじみ。

 塚田は「現地の方はなんだこのパフォーマンスはってウオオってなってました。ジャニーさんの教えとして失敗しても顔に出さないというのがあったので堂々としたとっつー(とっつー)がそれにつながったのかな」と興奮気味に思い出に浸っていた。

 イベントではヒット祈願としてこの他、台湾のお祭りなのでも知られるスカイランタンを実施。メンバーカラーのランタンを空高く上げ、橋本は「去年もいっぱい盛り上がったんですけど今年も去年以上にお台場を熱くできたら。お台場の夢の国はジョイポリなんじゃないかな?」とコメントしていた。

関連記事(外部サイト)