令和仮面ライダー第1作『ゼロワン』のテーマはAI ナレーションに山寺宏一・AIの音声に日高のり子

令和仮面ライダー第1作『ゼロワン』のテーマはAI ナレーションに山寺宏一・AIの音声に日高のり子

『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日・9月1日スタート)の制作発表記者会見より。(C)2019 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

令和仮面ライダー第1作となる『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日・9月1日スタート)の制作発表記者会見が行われ、注目の仮面ライダーゼロワンとともに、仮面ライダーゼロワンに変身する主人公・飛電或人(ひでん・あると)役の高橋文哉ほか、主要キャストが登壇した。

 『仮面ライダーゼロワン』のテーマは、人工知能=AI。主人公の或人は、祖父から受け継いだ人工知能のリーディング・カンパニー<飛電インテリジェンス>の社長にして仮面ライダーゼロワンに変身する“社長ライダー”だ。自社が開発し、人間と見分けがつかないほど精巧に作られ、日本社会の様々な職場に溶け込んでいるAIロボ<ヒューマギア>。ヒューマギアたちがテロリストのハッキングを受け暴走を始めたとき、<飛電インテリジェンス>の社長のみが手にできる<ゼロワンドライバー>を受け継ぎ新社長に就任した或人は、AIを巡るバトルへと身を投じていくことになる。

 会見では、仮面ライダーゼロワンと戦闘員ヒューマギアによるバトルパフォーマンス、PR映像の上映のあと、或人/仮面ライダーゼロワン役の高橋文哉、諫/仮面ライダーバルカン役の岡田龍太郎、イズ役の鶴嶋乃愛、唯阿/仮面ライダーバルキリー役の井桁弘恵、迅役の中川大輔、滅役の砂川脩也、そして福添役の児嶋一哉という主要キャスト7名が登場。それぞれが役どころの説明と「ゼロワン」に賭ける意気込みなどを語った。

 撮影現場の雰囲気を聞かれた高橋は「クランクインして1ヵ月ぐらいなんですが、今日も舞台裏でみんなで「頑張ろうね」と言い合ったり、最初の頃に比べたら仲が良くなってきていますね」とチームワークの良さを報告。児嶋も「僕はまだ数日なんですが、たまに現場に行くとみんなの仲がどんどん良くなっている。僕は取り残されていく感じがしています(笑)」と愚痴って高橋らを笑わせた。

 高橋は制作発表では恒例となった、変身ポーズを披露。激しいリズムの疾走感のある音楽とともに両手を大きく回して、胸の前で交差。それまでの笑顔から一転、精悍な表情で「変身!」と力強いポーズを初公開。フラッシュのまばゆさに「目の前が真っ白になってどうしようかと思いましたが、嬉しかったです。今日の出来は150点です」と笑顔。

 そして、シリーズを通じてのナレーションには山寺宏一、AIの音声に日高のり子という声優二人の登場が発表された。山寺は「第1作目の『仮面ライダー』が始まったのは僕が 10歳の時。当然夢中になり、ライダーごっこに明け暮れました。変身ポーズのクオリティは友人達の間で1番だったはずです! 学生時代のモノマネの十八番は、子門真人版『レッツゴーライダーキック』からの死神博士、からのショッカー戦闘員でした! (そのネタでローカル番組にも出演) 中江真司さんのマネもしていた自分が、まさか新作でナレーションを担当できるとは! 最先端でカッコよくて面白い、令和元年ライダーに是非ご期待下さい!」とビデオメッセージを送った。

 そして日高のり子も「『昔、弟たちと夢中で観ていた仮面ライダー』。ベルトも持っていたし、シリーズごとに変わる変身ポーズも覚えて“ごっこ遊び”もしていました。私は絵があまり得意ではないのですが、当時はライダーの絵も描いていたような…(笑)。そんな子ども時代を過ごした私が今回、満を持して!? 仮面ライダーに出演させていただくことになりました!嬉しい!! 観てくれる子どもたちが真似してくれるようなキャラクターを作っていけたらと思っています」と語った。

 8月には主題歌&アーティストの発表、そして追加キャストの発表も予定されるなど、放送開始まで目が離せない展開が続く『仮面ライダーゼロワン』。会見の最後は、高橋が「昭和、平成と歩んできた仮面ライダー、そして令和という時代が始まっての『仮面ライダーゼロワン』。令和の最初にふさわしい仮面ライダーとして僕を始め、共演者の皆さん、スタッフの皆さんと力を合わせて、見ていただいた方の元気の源になったり、自分の中に何かを見つけられるような作品にしたいと思っています。全身全霊で1年間、皆さんと頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」と語って締めくくった。

関連記事(外部サイト)