鈴木おさむ、音声ガイドにバラエティの演出「最初にキャッチワードをつけたら…」

鈴木おさむ、音声ガイドにバラエティの演出「最初にキャッチワードをつけたら…」

『恐竜展2019』で音声ガイドを担当している鈴木おさむ (C)「恐竜博2019」主催者

今月13日から10月14日まで東京・国立科学博物館で開催される『恐竜博2019』。1969年に命名された肉食恐竜デイノニクスにより、恐竜研究の新しい時代が始まったが、今回の展覧会では、その後めざましく発展した恐竜学50年の歩みを紹介し、その近未来を展望している。世界初公開・日本初公開の貴重な実物化石や全身復元骨格など、恐竜学の新時代をつくった重要標本を鑑賞できる同展の音声ガイドを務める鈴木おさむ氏が、その魅力を語った。

 まずは、音声ガイドのオファーを受けたいきさつを聞くと「もともと恐竜がすごく好きで、夫婦で福井の恐竜博物館を見に行ったりしていたんですよ。そして、いま、うちの子ども4歳になったんですけど、2歳くらいの頃から興味を持ち始めて、それで恐竜が好きだとブログなどで言っていたのが、届いたのか、オファーをいただきました」とにっこり。「世の中の子どもたちが恐竜を好きなるのと同じで、うちの子どもも大きいとか怖いとか、そういうところに惹かれたんだと思います」と声を弾ませた。

 今回の音声ガイドでは、父として、そしてテレビ業界で働く者としてのエッセンスが散りばめられているという。「ここ数年音声ガイド自体がブームで、いろんな形が出てきて、利用率が上がっている感じがするので、恐竜好きな人も初めて恐竜に触れるという人も含めて、全員が楽しめるものというのは意識しました。この恐竜博もすごく人気で、夏休みの時期になると特に家族連れで混むことも多いと思うのですが、子どもを抱いて、すごい人混みの中に突進できないっていう人もいるでしょう。そういう時に、遠目で見ても楽しめる解説っていうのを作ろうというのは考えました。近くで見るだけじゃなくて、遠目で見てもその解説がわかりやすいものを心がけました」。

 さらに、こう続ける。「『トリビアの泉』から始まって、今は『チコちゃんに叱られる!』につながっていますけど、ここ最近のバラエティー番組って先に答えを言ってから、それに関する解説をやっていくという構成になっていますよね。バラエティーってすごい進化していて、1分1秒、視聴者を逃さないために作っているんです。それを今回、音声ガイドに取り入れてみました。答えを先に言って、惹きつけておいてから解説する。音声ガイドって、ちゃんと聞けば面白いんですけど(館内を回っていく中で)意外と流れてしまうことや『今、どこなんだっけ』っていうことが多かったりするんですけど、最初にキャッチワードをつけたら明確になるなというのがあって、その手法を採用しました」。

 昨今のメディア事情にも触れ「どんどんエンターテイメント(を消費する)尺が短くなっている気がして、YouTubeだと5分でひとつの動画が完結したりしますよね。わからないことを長くダラダラやられてもっていうのがある気がしています。今のクイズ番組って1時間に50問くらいあったりして、1問につき15分かける時代じゃなくなったんですよね。みんな情報がいっぱい頭に入っているから。だから、今回の音声解説も、最初にどこに連れて行ってくれるのかをはっきり言うことによって、たとえちょっとわからないところがあっても最後まで聞いていられるという風にしています。行き先がわかっていれば待てるというのがテレビ番組の手法かな」と力説。「恐竜って、子どもから大人までロマンを感じることができる存在だと思うので、ぜひみなさんで見に来てほしいですね」と呼びかけていた。

関連記事(外部サイト)