酒に酔い知人にけが…YouTuberワタナベマホト処分決定 年内謹慎で契約は「改めて判断」

酒に酔い知人にけが…YouTuberワタナベマホト処分決定 年内謹慎で契約は「改めて判断」

ワタナベマホト (C)ORICON NewS inc.

酒に酔った状態で知人にケガをさせたとして活動を休止していた人気YouTuberのワタナベマホトの処分が決定。18日に所属事務所は「ワタナベマホトの懲戒処分」として「2019年12月31日までを謹慎期間といたします。当該期間中は、一切のクリエイター活動を休止し、禁酒とします」と報告した。

 6月19日に所属事務所は公式サイトを通じて「6月初旬、ワタナベマホトは、お酒に酔った状態で、お相手の方と口論の末、怪我をさせてしまいました。本人は心から反省しており、お相手に謝罪し、現在は円満に和解しております」と説明し、活動休止を報告。

 きょう18日に更新されたサイトでは、改めて謝罪するとともに「2019年12月31日までを謹慎期間といたします。当該期間中は、一切のクリエイター活動を休止し、禁酒とします」とし「当社による生活管理を強化するため、ならびに、本人が自身の生活を見つめ直す機会とするために、当社内での補助業務に従事させ、当該期間経過後に、謹慎中の総括を行い、契約について改めて判断いたします。従いまして、当該期間経過後の2020年1月に活動再開させることを約束するものではございません」と伝えた。

 再発防止に向けては「従前よりクリエイターのコンプライアンス研修、生活指導に取り組んでまいりましたが、今後、これらの研修、指導の品質向上に努めます」と表明し「また、本件においては、飲酒が発端となったこともふまえ、処分内容に禁酒を含む行動制限を設け、UUUMによる管理体制を強化するための条件を付しました。二度とこのようなことの起きないよう徹底してまいります」と誓った。

 あわせて、ワタナベマホトが「カイワレハンマー」名義での音楽活動を当面休止することにともない、2019年7月20日開催予定の『a-nation 2019』青森公演への「カイワレハンマー」の出演を中止も発表。

 「出演を楽しみにされていたお客様には、ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪し「つきましては、『a-nation 2019』≪青森公演≫カイワレハンマー先行チケットをご購入されたお客様に対してUUUMよりお支払いをさせていただきます」と記している。

関連記事(外部サイト)