有村架純&坂口健太郎、3度目の共演「安心」「違う顔を見せてくれる」

有村架純&坂口健太郎、3度目の共演「安心」「違う顔を見せてくれる」

WOWOW『連続ドラマW そして、生きる』完成披露試写会に登壇した(左から)有村架純、坂口健太郎 (C)ORICON NewS inc.

女優の有村架純、俳優の坂口健太郎が18日、都内で行われたWOWOW『連続ドラマW そして、生きる』(8月4日スタート、毎週日曜 後10:00、全6話※第1話無料放送)の完成披露試写会に登壇。ドラマ・映画で3度目の共演となったふたりが、お互いの印象を語り合った。

 有村と坂口は2016年放送の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ)、17年公開の映画『ナラタージュ』に続いて3作目。劇場アニメ『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)に2人とも参加するなど、縁がある。

 坂口が先に「架純ちゃんとお芝居すると安心していられるし、いい意味で心地よい空気に包まれる。今回の撮影でも、“瞳子”(有村が演じる役名)にも、“有村架純さん”にも見える瞬間があって。そういう瞬間が見られるのはありがたいというか。瞳子と架純ちゃんは全然違う人間ではあるんですけど、役と本人が重なる共鳴性をいつも感じています」と、語るのを、うつむき加減で聞いていた有村。

 次に有村が「こんなにも現場でご一緒する方はほかにいらっしゃらないですし、そのたびに違う顔を見せてくださる俳優さんだと思っています。彼の人間性が役にも反映されていると思うんですが、彼の演じるキャラクターは繊細な部分もあり、だけどおおらかな部分もあり、どちらの面も兼ね備えているような、感じがします」と丁寧に話すと、食い気味に坂口が「そうなんです」と口添えして会場の笑いを誘った。

 同ドラマは、2011年3月11日、東日本大震災が起きた後、宮城県気仙沼でのボランティア活動に参加した主人公の生田瞳子(有村)と、東京の大学生・清水清隆(坂口)の出会いから10年の歳月を描くラブストーリー。脚本は『ひよっこ』の岡田惠和氏が手がけており、岡田氏について有村は「言葉一つでまとめられないですが、恩師のような存在です」と話していた。

 舞台あいさつにはほかに、瞳子と一緒にカフェで働く韓国人のハン・ユリを演じた知英、瞳子に思いを寄せる高校の後輩・久保真二役の岡山天音、月川翔監督が登壇した。

関連記事(外部サイト)