『関ジャニ∞クロニクル』100分SP決定 “見極め力”ナンバー1は安田章大?

『関ジャニ∞クロニクル』100分SP決定 “見極め力”ナンバー1は安田章大?

14日放送の『関ジャニ∞クロニクル 2019真夏の100分SP!』に出演する関ジャニ∞ (C)フジテレビ

人気グループ・関ジャニ∞が出演するフジテレビ系バラエティー『関ジャニ∞クロニクル 2019真夏の100分SP!』が14日の午後10時より放送。今回はレギュラー放送での企画に片平なぎさ、IKKO、大久保佳代子、赤江珠緒、指原莉乃らをゲストに迎え、にぎやかに送る。

 決まった一品を作るため、ゲストとメンバーが必要な食材を4枚の写真のなかから選んでいく『リストランテMIKIWAME』には、片平、IKKOが来店。もし写真の選択を誤っても、間違えて選んだ食材のまま調理が進んでいくという画期的なコーナーだが、『夏野菜たっぷりカレー風味リゾット』を作るため、人参や大根など、野菜を葉っぱで見極めるクイズに安田章大が大苦戦。「イタリアンとか、よくわからん」という横山裕は、答えに迷いすぎて解答ボタンを同時に2個押して神頼みする場面も。

 “料理長”として調理場からリポートする錦戸亮が「片平さんのかわいらしいところとか、IKKOさんが人を傷つけへんって言っているところとか、調理場のモニター越しに見ていて面白かったです。シェフの桝谷周一郎さんが、いっぱいやってくれるから、今日僕は洗い物を何回かしただけです」と語れば、5人からは「見習いやん!」とツッコミ。

 “支配人”を務める大倉忠義に錦戸が「支配人って…独裁者みたいな。大倉だからできることだし、これからも支配してほしいです(笑)」とお願いすると、安田も「大倉ありき!の形。誰かがやったからこうなるというものではないですね」と納得。村上信五は「(回答者として指名されず)はまっていないので(大倉に)お中元でも贈ろうかな」と画策すると、大倉は「『支配人』という言葉の意味から考えて、支配ってこういうことだろうな、と(笑)」と満足げだった。

 “見極め力”が必要となるこのコーナー。6人のなか“見極め力”あるメンバーとして安田の名前が挙がり、錦戸は「(シェフの)枡谷さんとディレクターと話していて『安田くんはすごいね』って言っていましたよ」と明かせば、丸山は「章ちゃんの知らなかった面が見れるね。ビーフシチュー作るんだ、ってね」と付き合いの長いメンバーの新たな一面を発見した様子。

 5人の“自称そっくりさん”が誰に似ているのかを当てる企画『スターバッカシ』では、ゲストに赤江を迎えた回に村上&安田が、指原を迎えた回に村上と丸山隆平が挑戦。指原は「こういう時は、正解して賞品が欲しいタイプなので本気でがんばります」と宣言通り、すぐさま1人目を正解。村上と丸山は「今日は順調に終わりそうやな」と安堵するも、後半から雲行きが怪しくなっていき、村上を「え?え?おまえ誰や?」と混乱させる展開に…。

 ゲストの交友関係を深掘りしてメンバー独自の視点でオリジナルの相関図を作成する企画『世界にひとつの相関図』では大久保が登場。女性芸人だらけ?と思われがちな交友関係では意外なジャンルの友人らが次々と明かされる。なかでもカリスマ大物女性歌手や、いま話題のイケメン俳優との交流が判明して、大盛り上がり。そして意外にも「すぐに自分と比較して人に嫉妬してしまう…」という大久保の知られざる一面も語られる。

 丸山が「きょうもいろんなスターを当てるぞ!他の番組では見られない、聞けないゲストの一面を引き出すぞ!と張り切っています」と並々ならぬ気合を入れると「総意です!おー!」と他のメンバーもやる気十分。横山は「スターバッカシは本当に難しいんでね。見ている人もわからないと思います。一発でわかったらすごいです。視聴者の皆さんも一緒に考えていただければと思います!」と呼びかけ、安田は「自称のラインってどこなんやろ?難しいラインを視聴者の皆さんと一緒に考えられるっていうのは、テレビのいいところですよね」とうなずいていた。

関連記事(外部サイト)