沖縄で7回目『お笑いバイアスロン2019』ファイナリスト発表 8・31決勝

沖縄で7回目『お笑いバイアスロン2019』ファイナリスト発表 8・31決勝

『お笑いバイアスロン2019』ファイナリスト7組が挑む決勝は8月31日、QAB琉球朝日放送で生放送(C)QAB

沖縄で2013年に始まった漫才とコントの総合力で競う“お笑い界の総合格闘技”『お笑いバイアスロン2019』の記者会見が16日、QAB琉球朝日放送本社で行われた。今月31日に同局で3時間生放送(後2:00〜4:55)される決勝戦に出場するファイナリスト7組と敗者復活戦進出者4組が発表された。

 7年目を迎える今回は、東京で活動している「沖縄にゆかりのある芸人」が参加できるよう大会初の「東京予選」を開催。67組のエントリーの内、東京予選組は7組いた。準決勝まで勝ち進んだ東京予選組はいたが、ファイナリストには至らなかった。

 今年は、決勝直前に行われる敗者復活戦を初めて生放送することが決定。その敗者復活組4組の中から1組が決勝に進む。

 賞金総額は50万円(優勝30万円、準優勝15万円、3位5万円)。番組特設サイトから優勝(金メダル)、準優勝(銀メダル)、3位(銅メダル)を予想する視聴者参加企画もあす17日から実施(大会当日生放送のファーストステージ終了まで応募可能)。1位〜3位まで全て的中した人の中から抽選で1人に豪華賞品が当たる。

 決勝戦審査員は、放送作家の伊藤正宏氏(『ミュージックステーション』『和風総本家』ほか)、内村宏幸氏(『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』ほか)、鮫肌文殊氏(『世界の果てまでイッテQ!』『ラスアイ、よろしく』ほか)、高須光聖氏(『ロンドンハーツ』『水曜日のダウンタウン』ほか)、中野俊成氏(『ロンドンハーツ』『アメトーーク』ほか)の5人が務める。

■ファイナリスト7組(※本番出順)

●ノーブレーキ(前回大会6位)
「優勝より優笑を目指します」

●猫ノカケラ(決勝ファイナル初進出)
「猫カケ旋風を起こし決勝進出します」

●しんとすけ(昨年は敗者復活戦で惜しくも敗退、2013年第1回大会3位)
「金メダル獲ります」

●初恋クロマニヨン(前回大会5位)
「まじでもう獲りたいです!」

●だるま(決勝ファイナル初進出)
「お笑いが大好きです。頑張って決勝まで残って皆に知ってもらいたいです。テレビで活躍したいです」

●ありんくりん(前回王者)
「リップサービスさんの4連覇を超えます」

●パーラナイサーラナイ(決勝ファイナル初進出)
「一度もファイナルへ行けてないですが、毎回優勝できると思って挑んでます」

■2019年敗者復活戦進出者

●すっとこどっこい(2017年大会8位)※大会推薦枠
「テレビの前の人達に面白い芸人はまだまだいるんだぞと分からせたい」

●知念だしんいちろう(敗者復活戦初出場)※大会推薦枠
「今年こそ、テレビに出たいです」

●ぴろんぴろん下里(2016年第4回大会2位)※視聴者推薦枠・得票数770票
「波乱再び」

●OCEAN(敗者復活戦初出場)※視聴者推薦枠・得票数416票
「コンビ名をカタカナから英語に変えました!! 何か変わってるはずです!それをこの大会で見せつけます」

■公式サイト
https://www.qab.co.jp/OWARAI!biathlon2019/

関連記事(外部サイト)