『全国高等学校ダンス部選手権』大阪・同志社香里高校が優勝 登美丘高校は3連覇ならず

『全国高等学校ダンス部選手権』大阪・同志社香里高校が優勝 登美丘高校は3連覇ならず

優勝を果たした同志社香里高等学校 (C)ORICON NewS inc.

全国高校ダンス部の頂点が決まる『JSDA PRESENTS DANCE CLUB CHAMPIONSHIP 第7回全国高等学校ダンス部選手権』が21日、千葉・舞浜アンフィシアターで開催。応募総数97校の予選審査会を勝ち抜いた上位36校が決戦し、大阪・同志社香里高等学校が優勝に輝いた。一昨年に“バブリーダンス”で注目を浴びた大阪府立登美丘高等学校は、大会初の3連覇を逃した。

 今大会は“漢字二文字”のテーマを掲げたダンスで各校が競った。優勝を果たした同志社香里高校は「刻韻(こくいん)」を表現するダンスと、チームの一体感で会場を魅了。出場校のトリを務めた登美丘高校も「艶麗(ヴォーグ)」のテーマダンスで沸かせたものの3位以内の入賞に食い込むことはできなかった。

 審査員はテリー伊藤、プロダンサーのSHUHO、kazuki、Psyche、JSDA公認インストラクターのHIROらが担当。テリーは「とても見応えがあった。ダンスでいくつかの魅力があるけど“カッコいい”“楽しい”が大きな要因。同志社香里高校は“カッコいい”がとても強かった」と評していた。

 表彰式では、テリーから記念の盾とメダルが贈呈された。同志社香里高校のキャプテン・小林莉沙さんは「ここに来るまでチームを良くするために悩んだり、不安になる毎日だった」と振り返りながら「悔いのない作品を作ることができて、そして優勝できたことはすごいうれしい!」と喜びを爆発させていた。

 また、サプライズゲストとしてTRFのDJ KOOも登場。パフォーマンスを終えた学生ダンサー約900人をDJプレイで熱く盛り上げ、大会に華を添えていた。

 そのほか、準優勝に北九州市立高等学校(福岡)、第3位に日本大学明誠高等学校(山梨)、「オーディエンス賞」に千葉県立幕張総合高等学校、「chiyoda賞」に大阪府立柴島高等学校、「TOKYO HEADLINE賞」に日本体育大学荏原高等学校(東京)、「読売中高生新聞賞」に駒澤大学高等学校(東京)、「World of dance indnesia exivision出演権賞」と「avex賞」に山村国際高等学校(埼玉)が選出された。

関連記事(外部サイト)