米倉涼子『ナサケの女スペシャル』今夜放送「白無垢が印象深い」

米倉涼子『ナサケの女スペシャル』今夜放送「白無垢が印象深い」

9月1日放送、米倉涼子主演『ナサケの女スペシャル』(C)テレビ朝日

「脱税するやつは、日本の道路を歩くな!」の名せりふで人気を博した、米倉涼子主演の『ナサケの女スペシャル』がきょう9月1日(後9:00〜11:11)、テレビ朝日系で放送される。

 平成のドラマ史を華々しく彩ったドラマ4本を新たに編集した“特別版”として放送してきた『テレビ朝日開局60周年 夏の傑作選』の第4夜。今夜放送の『ナサケの女スペシャル』は、2010年10月期に連続ドラマとして放送された約1年半後、12年に放送されたもの。連ドラ時の平均視聴率は13.9%、スペシャルでは16.6%という高視聴率を獲得した。その勢いそのままに、同年10月に、米倉主演のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の第1シリーズがスタートした。

 米倉は「『ナサケの女』はレギュラーはもう9年も前、スペシャルは7年前の作品ですが、当時から本当に気が合う共演者の方々ばかりで撮影がとても楽しかったことを覚えています」と、コメント。

 『ナサケの女』は、米倉扮する国税局査察官=ナサケの女・松平松子が、世にはびこる脱税者たちを容赦なく摘発していくドラマシリーズ。柳葉敏郎、塚本高史、飯島直子、泉谷しげるらが演じる東京国税局・査察部メンバーに加え、松子の過去を知るヤンキー仲間役の瀬戸康史や武田鉄矢演じるバーのママ・鉄子など、魅力たっぷりのキャラクターがドラマを彩る。

 スペシャル版では、聖域とされる医療をめぐる巨額脱税のからくりに挑む。おなじみのレギュラー出演者に加え、速水もこみち、高岡早紀、伊東四朗、さらに連ドラにも出演していたマツコ・デラックスや、はるな愛といったスペシャルなゲストも参戦している。

 相手が権力者であろうと何であろうと、欲と金にまみれた脱税者に対しては一切の容赦を加えず、胸がすくようなタンカを切って我ら納税者の溜飲を下げてきた、松子。怖いもの知らずでどんな難敵にも立ち向かってきたが、今回のスペシャルでは思わぬ“敵が…。それはなんと…恋!?  脱税の摘発か? それとも女の幸せか? 思いもよらぬ悩みが松子を襲うことになる。

 今作では、白無垢姿を初披露した米倉。当時を振り返り、「スペシャルでは白無垢を着たことが印象深いです。本当に暑くて、重かった…(笑)。連続ドラマのときにはなかった松子のロマンスが描かれるのも見どころのひとつです。速水もこみちくんとのラブシーンもあったのですが、恥ずかしかったですね(笑)。当時はもう何年も恋愛ドラマに挑戦していなかったので、そういったシーンも久々だったのを思い出します」と、いうこん身のラブシーンにも注目だ。

関連記事(外部サイト)