天龍源一郎、小脳梗塞を公表 4月から体調不良、3度の入院経て現在は症状安定

天龍源一郎、小脳梗塞を公表 4月から体調不良、3度の入院経て現在は症状安定

小脳梗塞と診断されたこと公表した天龍源一郎 (C)ORICON NewS inc.

元プロレスラーでタレントの天龍源一郎(69)が、今年4月から体調不良のため検査入院し、小脳梗塞と診断されたことを9日、所属事務所が公表した。3度の入院を経て、現在は目立った後遺症は現れておらず、完治はしていないが症状は安定状態という。

 天龍は「身体一つで69歳までやってこられるほどタフに産んでくれた親にまず感謝しています。そして、この病気になったときに一番に支えてくれた家族や近親者のみんなにも感謝をしています」とコメント。「これからいつまで天龍源一郎としての歩みがあるのか私自身見当もつきませんが、今この瞬間を出来る限り生き抜き、まだファンの皆さんと楽しく過ごしたいと思います。ですのでこれからも変わらずに心配なく、楽しくやっていけたらそれが一番だと思っています」と心境を吐露した。

 病気を機に「今のこの自分がいる事も、支えてくれている皆さんのおかげだと深く感謝をしています」と改めた考えたことを明かし、「これからも残りの人生を『天龍はしぶといナ』と言われるほどに十二分に謳歌していきたいと思います!」と回復ぶりをアピールした。

 所属事務所は公表について「大相撲、プロレスと身体を酷使する時間が長かったことや年齢の事もあり、皆様方に一層のご心配をお掛けするだけになってしまうのではないかと悩みましたが、今日(こんにち)まであのような激しい生業を務めながらも救われた命でもありますので、包み隠さずに公表をする事でほんの微かでも同じ病の方々へ勇気を与え、共に闘うことが出来ればという本人の強い想いがありこの度のご報告となりました」と経緯を説明した。

 天龍は1963年に大相撲の二所ノ関部屋に入門。76年10月に全日本プロレスに入団し、以後、89年11月にジャイアント馬場、94年1月にアントニオ猪木から日本人レスラーとして唯一スリーカウントを奪うなど、プロレス界に数々の伝説を残した。2015年11月に38歳年下のオカダ・カズチカ戦を最後に、プロレスから引退した。

関連記事(外部サイト)