『白い恋人』石屋製菓と吉本興業、まさかのコラボ 『面白い恋人』和解から6年経て

『白い恋人』の石屋製菓と吉本興業がコラボ 『面白い恋人』訴訟の和解から6年経て

記事まとめ

  • "白い恋人"の石屋製菓と吉本興業がタッグを組んでの新プロジェクトが11日、発表された
  • タカアンドトシのタカは「自分の結婚式でも配った」と、ファンぶりをアピール
  • 吉本が発売した"面白い恋人"巡る訴訟の和解から6年経ち、まさかのコラボ実現となった

『白い恋人』石屋製菓と吉本興業、まさかのコラボ 『面白い恋人』和解から6年経て

『白い恋人』石屋製菓と吉本興業、まさかのコラボ 『面白い恋人』和解から6年経て

『石屋製菓×吉本興業 新プロジェクト 記者発表』に出席した(左から)酒井藍、すっちー、稲垣豊、石水創、タカ、トシ

北海道の銘菓『白い恋人』で知られる石屋製菓吉本興業がタッグを組んでの新プロジェクトが11日、発表された。かつて吉本興業が発売したパロディー商品『面白い恋人』をめぐる訴訟の和解から6年が経ち、まさかのコラボ実現。同日行われた発表会見には北海道出身のお笑いコンビ・タカアンドトシも登壇し、驚きの声を上げた。

 石屋製菓では、北海道を飛び出し『ISHIYA』ブランドを展開しており、来たる9月20日にリニューアルオープンする大阪・大丸心斎橋店に関西初出店することが決定。これにともない、石屋製菓「Love&Sweets」と吉本興業「Laugh&Peace」がコラボし、「Laugh&Sweets〜オイシイおいしさ〜」をコンセプトとしたPRや新製品開発に取り組む。その第1弾となるのが、共同開発した新商品『Laugh&Sweets ゆきどけ』で、同商品は大丸心斎橋店内の『ISHIYA SHINSAIBASHI』限定商品として発売される。

 会見では石屋製菓の石水創社長と吉本興業ホールディングスの稲垣豊副社長が登壇し笑顔で握手を交わした。石水社長は「6年前に訴訟で和解した際、吉本興業の役員の方が北海道まで謝罪に来られ、その時“コラボ商品を出しませんか”と提案いただいた。和解の直後ということもありお断りしましたが、さすが商魂逞しいなと思いました」と仰天エピソードを披露。

 今回、心斎橋への出店にあたり「白い恋人は全国的に知名度があるが、ISHIYAブランドにはまだない。そこで、吉本興業さんに石屋製菓の方からオファーを出した」と明かした。

 続いて、タカアンドトシ、吉本新喜劇のすっちー、酒井藍が舞台へ。自分たちが生まれた年に誕生した『白い恋人』を“同級生”と語るタカアンドトシは、「自分の結婚式でも配った」(タカ)というほどのファン。それゆえ『面白い恋人』騒動については「全然面白くなかった。“何をしてくれてるんだ!”と。『面白くない他人』ですね」(タカ)、「“やってしまったな、吉本興業”という気持ち」(トシ)と複雑な心境だったとか。今回の新プロジェクト始動を受け、タカが「これは許しちゃダメですよ、社長!」とキレてみせ、会見場は爆笑に包まれた。

 お待ちかねの『Laugh&Sweets ゆきどけ』試食タイムでは、「表面がキラキラしてる。粉雪が積もった感じで、北海道の雪を再現してますね」(タカ)など、見た目に気を取られてなかなか口に入れられない状況に。ようやく頬張り、「おいしい〜!」と全員が思わず笑顔を見せると、「スポンジがしっとりしてる」(タカ)、「1000個いけるで!」(酒井)と絶賛の嵐。タカアンドトシは、ISHIYA SHINSAIBASHIでしか購入できないことから、「道民に食べさせたい!」と悔しがっていた。

関連記事(外部サイト)