倉持由香プロデュースの女子eスポーツチーム、東京ゲームショウのステージでお披露目「皆さんが育てるチーム」

倉持由香プロデュースの女子eスポーツチーム、東京ゲームショウのステージでお披露目「皆さんが育てるチーム」

倉持由香がプロデュースする女子eスポーツチーム「G-STAR Gaming」がお披露目された。(C)Deview

グラビアアイドルの倉持由香がプロデュースする女子eスポーツチーム「G-STAR Gaming」のメンバーが12日、幕張メッセで開催中の国内最大のゲーム展示会『東京ゲームショウ2019』のMCJブースお披露目された。チームのメンバーは、プロデューサーの倉持を筆頭に、アシスタントプロデューサー・野々宮ミカとオーディションで選出された10名のメンバー。プロデューサーの倉持は「皆さんに育てていただく、育成ゲーム的なチーム」と、自身で選んだ個性あふれる精鋭たちを紹介した。

 ガチのゲーマーでもある倉持がプロデュースする女子eスポーツチーム「G-STAR Gaming」は、7月にオーディション情報サイト「デビュー」でメンバーを公募。お盆の期間中に休み返上で、倉持自身が「毎日8時間かけて」面接を重ね、「ゲームの上手さはもちろん、ゲームが好きな気持ちが強く、ひとクセある、何かに秀でている」メンバーを選び抜いた。

 メンバーはスポンサーロゴの入ったスポーティーでクールなユニフォームとショートパンツ姿で、一人ずつポーズを決めながらステージに登壇。タレント経験者もいるが、まったくの芸能活動初心者もおり初々しい表情を見せる。メディア関係者とG-STAR Gaming選抜メンバーとの「ストリートファイターV」によるエキシビジョンマッチや、PRタイム争奪激辛チーズロシアンルーレットなどが行われ、10人のメンバーのキャラクターの一端がゲーム関係者に紹介された。

 ここで10名のプロフィールを紹介しておこう。“戦場を駆けるギャル天使”藤井える(ELLE)はサーフィン、スノボも得意なアクティブな20歳。“流し目のハーフ美女”IRENE(あいりーん)クールなルックスとモデル体型でFPSを得意とする。“ビューティフル・フィンガー”夏乃さやか(さやか) は舞台・ミュージカル鑑賞が好きな現役女子大生・19歳。“火の国のJKシューター”上田魅来(みらい)熊本なまりもキュートな女子高生。“ヴィランズ系光の広報”芦澤佳純(かすみん)は声優経験者で広報も担当。

 “月光のホワイトスワン”小島瑠那(るなぽん)は元アイドルでミスFLASHの経歴有り。“癒し系薬剤師”天鳥志乃(しの)はホラーゲームとゾンビが大好きな現役薬剤師。“小悪魔アケコンデザイナー”本郷詩苑(しおん)は牙のピアスを付け「アケコン改造」を得意とする。“夢見るマルチクリエイター”日向はな(ぽんお)は美術大学に通い絵はプロ級。“紅蓮のコスプレイヤー”GOOSE(GOOSE)は4年前にアメリカから来日、「eスポーツ通訳」としての活躍に期待が膨らむ。

 それぞれに個性溢れるメンバーだが、eスポーツ選手としての実力派まだ未知数。倉持は「他のチームと違って、ガチガチに上手くなくてもいいというふうに考えてメンバーを集めました、メディアの皆さんやファンの皆さんの力で育てていく、一種の育成ゲーム的なチームになったらいいなと思います」と語り、「今日のお披露目が第一歩なので皆さんの力でこのゲーミングチームを育てていってください、よろしくお願いします!」と呼び掛けた。

関連記事(外部サイト)