星野源、さんまと初共演で大喜び「目の前で見られてよかった」 “アルバム”のリクエストをうっかり快諾?

星野源、さんまと初共演で大喜び「目の前で見られてよかった」 “アルバム”のリクエストをうっかり快諾?

13日放送のバラエティー特番『さんまのまんま 俺もそろそろ結婚したいなSP』の模様(C)カンテレ

シンガーソングライターで俳優の星野源(38)が、きょう13日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー特番『さんまのまんま 俺もそろそろ結婚したいなSP』(後8:00〜9:55)に出演。同番組に初登場する星野だが、明石家さんまは独身である点に注目し「一番結婚して“ええ感じ”の顔やね。“旦那”が似合う顔」と評価すると、星野がたまらず「どういうことですか!?」と苦笑いを浮かべる。

 大人計画所属の星野だが、音楽活動はサザンオールスターズもいるアミューズ所属だと知ると、さんまが「曲作ってくれ! アルバムアルバム!」とお願い。さんまの勢いに押され星野もつい「いいですよ(笑)」と答えてしまう。そんな星野からのお土産は大ヒット曲『恋』も収録されているアルバム『POP VIRUS』。プレイヤーを用意しさっそく聴いてみると、観客たちが踊りだす前代未聞の光景に「すごい!」「うれしい!」と星野も感動する。

 その後、星野が突然「相談したいことがある」とポツリ。実は10年以上前、とある舞台の楽屋でさんまの“らしくない”姿を目撃してしまったという。その舞台とは、さんまの前妻・大竹しのぶが出演していたもので、状況を悟ったさんまは「わかった!」と声をあげ、「そのとき(娘の)IMALUが……」と当時の状況を弁明し始める。

 星野は収録を終えて「『さんまのまんま』は、子供の頃からずーっとやっている番組ですけど、楽しくて、あっという間に時間が過ぎました」と回顧。さんまとは初共演だったそうで「さんまさんとちゃんとお話するのは、初めてでしたね。さんまさんを目の前で見られてよかったです(笑)。本当に、お家に招いてもらったような感じで、リラックスできました。カメラを持っていったんですけど、一緒に撮りましょっていうのを忘れたのが残念です(笑)」と語った。

 さんまから「“旦那”が似合う顔」と評された点については「普通の顔というか、ステレオタイプというか。さんまさんの中で、旦那っぽい顔なのでしょうね(笑)」と分析。「恋ダンスを観客の方が踊ってくださったのも、印象的ですけど…あとは、やっぱり、僕だけが知っているさんまさんの“あの一瞬”の話ですかね、あの当時の話ができて、明るいさんまさんを見られてよかったです(笑)」と充実感をにじませていた。

関連記事(外部サイト)