歌手・門倉有希、乳がん闘病を告白 治療経て「ステージに立つことが出来るまで回復」

歌手・門倉有希、乳がん闘病を告白 治療経て「ステージに立つことが出来るまで回復」

自身のブログで乳がん治療を受けていたことを告白した門倉有希

歌手の門倉有希(45)が18日、自身のブログを更新し、乳がんで治療を受けていたことを告白した。現在は治療を経て「ステージに立つことが出来るまで回復しました」と明かしている。

 ブログでは「今日は残念なご報告です」として「乳がんになりました。胸の異変に気づいたのは昨年8月ごろでした」と告白。「私は小さな頃から病気とは縁のない元気な子供だったので普通の“デキモノ”だと思い、市販の薬りを塗っていましたが、ついに貧血で倒れ病院に運ばれました。検査の結果、がんが発覚しました」と経緯を明かした。

 続けて「がんと解った時、自分の身体のことより、これから歌はどうなるのか? 仕事は? 頭の中が真っ白になりました。歌をうたいたい一心で治療を続けました」とつづり、「良い先生に巡り合いました。お陰様で治療のかいあって、6月よりコンサートのステージに立つことが出来るまで回復しました」と快方に向かっているという。

 「がんに負けている訳にはいきません。これからCDのプロモーションや夢グループのコンサートで全国にお伺いします。応援宜しくお願いします」と力強く締めくくっている。

関連記事(外部サイト)