キンプリが“サンタさん”からもらったプレゼントは? 高橋海人が切なすぎる思い出告白

キンプリが“サンタさん”からもらったプレゼントは? 高橋海人が切なすぎる思い出告白

セブン-イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会イメージキャラクターとして登壇したKing & Prince(左から)高橋海人、岸優太、平野紫耀、永瀬廉、神宮寺勇太 (C)ORICON NewS inc.inc.

人気グループ・King & Prince(平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太)が19日、都内で行われたセブン-イレブン 2019年クリスマスケーキ 商品発表会イメージキャラクターとしてに登壇した。会場に“粉雪”が降るなか、クリスマス気分を高めるべくメンバー全員が思い出を発表することに。高橋海人は幼い頃、サンタさんからある嘘をつかれたという切ないエピソードを告白した。

 まず、神宮寺は小さい頃にサンタに手紙を書き、本物の小型犬をお願いしたところ「小型犬1匹入るくらいのデカめの靴下を用意したのに、おもちゃカード5000円分入ってた。文句を言う人がいないので親に文句を言ったらめっちゃ怒られた」と苦笑。手紙には「トイプードルってかきました。茶色まで言った!」と犬種まで指定したにも関わらず叶わなかったというちょっぴり苦い体験談を披露した。

 小学生のときに友人や母親と「餃子パーティー」を開催したという永瀬は、「餃子のなかにチョコとかカラシとか氷とかいろんなものを詰めてやったのが今まで一番の思い出ですかね」と一風変わった思い出を明かし「(氷は)溶けてみずみずしくなります。結果一番おいしかったのは普通の餃子でしたね…。チョコはすごくグロテスクな味になりました。一言でいうなら美味しくなかった」と茶目っ気たっぷりに反省した。

 平野は『変身ベルト』をサンタにリクエスト。「やっぱり、憧れがすごくて弟と5年くらい連続でお願いしていた。シーズンごとにライダーも変わるので僕たちもライダーに合わせて追いかけてくんです。もらって翌日、戦って壊れちゃうときもありました。男兄弟なので激しいんです」とヤンチャな幼少期を回想。「(弟とは)客観的には見づらいけどお互いヒーローとして戦ってました。結局必殺技の決め合い。勝負がつかないので人間味ある右ストレートになってくる」と笑いながら懐かしんだ。

 小学校6年間、サンタには『生き物図鑑』をプレゼントされていたというのは岸。「毎年ジャンルが変わって魚だったり動物だったり恐竜だったり。図鑑切り取って壁とかに飾るんです。当時一番すきだったのは魚。リュウグウノツカイ」と意外な名前を挙げ、「あれは切り取るのが大変で、きれいにきって勉強机の一番目立つところに貼らせていただいて。貫禄がある。オーラもすごくて今もすきです」と笑顔。永瀬から今のお気に入りを聞かれると「一周回って柴犬だよね」と真剣な眼差しで即答して、笑いを誘った。

 そして高橋は「小さい頃、野球をやっている友達がいて、その子がグローブをつけてキャッチボールをしている姿に憧れていた。当時、お金がなかったのでグローブを買えなかったので新聞紙を丸めて(グローブ)をつくってた」といい、ある日、サンタからグローブをプレゼントされたそう。「なかに英語で手紙が入っていて『このグローブは本場・ロサンゼルスで作ったきみモデルの特注品』と書いてあって、うれしくて友だちに自慢して回った」と有頂天に。

 ところが「後日、家族におもちゃ屋さんに行ったときに同じグローブが置いてあった。すごく悲しかった…。もうなにも言えなかった。サンタさんが特注って言ってくれてたのに。その時に初めて『儚い』って気持ちを知りました。儚い、切ない。誰にも言えない。友達にも自慢したのに…今でもあのクリスマスは忘れられない」としょんぼり。「サンタさん、嘘つくのだけはやめてほしい。こてんぱんに傷つきましたから」と訴えながら「当時の僕は暴れん坊だったので、でも今のキッズたちはいい子にしてたらサンタさんも嘘をつかないと思います。いい子に過ごしましょう」と最後は体験談を踏まえて子どもたちにしっかり呼びかけていた。

関連記事(外部サイト)