欅坂46平手友梨奈がセーラー服で舞う 1年越し初披露のソロ曲「角を曲がる」MV公開

欅坂46平手友梨奈がセーラー服で舞う 1年越し初披露のソロ曲「角を曲がる」MV公開

欅坂46平手友梨奈がセーラー服で舞う「角を曲がる」MV

初の東京ドーム公演で2日間10万人を動員したアイドルグループ・欅坂46の“絶対的センター”平手友梨奈のソロ曲「角を曲がる」のミュージックビデオ(MV)が、20日正午に公開された。

 同曲は昨年9月に公開された平手主演映画『響 -HIBIKI-』の主題歌で、ファンが音源化を待ち焦がれていた楽曲。前日に東京ドームで行われたアリーナツアー千秋楽のダブルアンコールで1年越しにライブ初披露され、大きな反響を呼んでいた。

 MVのメガホンを取ったのは、映画『響〜』の月川翔監督。振付は2017年のフジテレビ系『FNS歌謡祭』で平井堅とコラボレーションした「ノンフィクション」も手がけたCRE8BOYが担当した。

 「周りの人間に決めつけられた思い通りのイメージになりたくない」「みんなが期待するような人になれなくてごめんなさい」などと平手自身の苦悩や葛藤を描いたような歌詞、全編ダンスMVは観る者の心をとらえる。

関連記事(外部サイト)