ミニマム美女・郡司芹香、濡れ肌&極小ビキニの衝撃セクシー

ミニマム美女・郡司芹香、濡れ肌&極小ビキニの衝撃セクシー

『週刊ヤングマガジン』第43号に登場した郡司芹香(C)舞山秀一 /ヤングマガジン

タレントの郡司芹香(21)が、21日発売の『週刊ヤングマガジン』第43号(講談社)に登場。今年3月にグラビアデビューした身長145センチのミニマム美女が、初の『ヤンマガ』で強烈なインパクトを放った。

 郡司はラジオ番組『レコメン!』(文化放送)のレギュラーを務め、女優として『Heaven?〜ご苦楽レストラン〜』にも出演するなど活躍。香取慎吾と草なぎ剛のユニット“SingTuyo”が昨年リリースした「KISS is my life.」のミュージックビデオに出演し、話題となった。

 身長145センチとミニマムサイズながら、空手を幼少期に習っており、バスト80・ウエスト56・ヒップ84センチという引き締まったボディを誇る。今回のグラビアでも極小ビキニをまとい濡れ肌でカメラを見つめるカットなど、衝撃的なセクシーをたっぷり見せつけている。

 同号にはそのほか、表紙と巻頭グラビアに「ミスマガジン2018」で「ミスヤングマガジン」に選ばれた寺本莉緒(17)、巻末グラビアにはグラビアアイドルの高崎かなみ(22)が登場する。

関連記事(外部サイト)