矢沢永吉、“批判メール”ファンに苦言もサイトから削除

矢沢永吉、台風19号の影響で公演中止 ファンの苦情に対して苦言呈すも削除

記事まとめ

  • 矢沢永吉は、日比谷野外大音楽堂で43年ぶり公演予定も、台風19号で中止に
  • リハーサル風景等をネット配信すると発表も、ファンから苦情が寄せられた
  • 苦情に対して苦言を呈するコメントを発表したが、13日正午に削除された

矢沢永吉、“批判メール”ファンに苦言もサイトから削除

矢沢永吉、“批判メール”ファンに苦言もサイトから削除

矢沢永吉 (C)ORICON NewS inc.

歌手の矢沢永吉(70)が12日、自身の公式サイトでファンの苦情に対して苦言を呈するコメントを発表した。なお、その後コメントは削除され、所属事務所も「13日正午で削除しました」と認めた。

 矢沢は12日に東京・日比谷野外大音楽堂で43年ぶりとなる野外公園を開催予定だったが、台風19号の影響で中止を決定。ファンに向けて「日比谷に向けてのリハーサル風景等…日比谷ではないですが、その模様をご招待のファンの皆さんへ、インターネットで配信しようと急遽決めました」と報告していた。

 その対応について、ファンから送られた「なぜ台風直撃の時に? ライフライン使って モラル無いですねぇ」というメールを紹介。矢沢は「メールをくれた君へ。君はまぁ言いたいことを好き勝手に書いてくれたもんですね」と反応し、「理由、あまりに大きな台風、今は配信どころではない… どの立場の人も、その人その人で頑張ってんだよ! メールごときで言いたいこと言ってんじゃねーよ、たくっ」と反論した。

 なお、配信は1週間後の19日の夜に延期することも公式サイトで発表された。

関連記事(外部サイト)