舛添要一氏、「ハゲ」攻撃受けた過去に嘆き 須田亜香里の頭皮マッサージにデレデレ

舛添要一氏、「ハゲ」攻撃受けた過去に嘆き 須田亜香里の頭皮マッサージにデレデレ

須田亜香里(上)の頭皮マッサージにデレデレの舛添要一氏(下) (C)ORICON NewS inc.

アイドルグループ・SKE48の須田亜香里、前東京都知事の舛添要一氏が21日、都内で行われた『ニッポンおじさん総活躍社会』プロジェクト発足会に出席。「『ハゲ』と言われるのは嫌」という舛添氏は政治家時代を苦い思い出を語り、須田の頭皮マッサージを受けた。

 同プロジェクトは、アイドル活動・握手会を通じて数万人のおじさんと交流し“日本で一番おじさんに詳しい”と自負する発起人の須田が、経済の中心で活躍するおじさんの元気・活力をサポートするもの。プロジェクト「アカリクリニック」を発足し、その第1弾の活動として、スカルプケアの発毛環境や頭皮環境を整える成分が含まれたヘアローション商品「アカリアップ」を発表した。

 ファンの約4分の1がおじさんだという須田は「数年前、20代・30代だったファンの方も私とともに歳を重ねてきているので」と自身が歳を重ねると当時にファンの年齢層が上がる“おじさん”化を説明。「握手会でどんな方が来てくれてもうれしいのですが、おじさんや見た目に自信がない方は『こんなおじさんが来てもごめんね』『僕みたいなハゲが来て嫌じゃない?』と気にしなくてもいいことを気にしている方が多くいるんです」と経験から得たおじさんのネガティブさを指摘し、そんな人たちを応援するためにプロジェクトを発足した。

 須田の「ハゲ」発言に舛添氏は「その言葉を聞くだけで『ドキッ!』としてしまう」と苦笑しながら「女の政治家で『この、ハゲ!』と言った方もいましたよね。私を攻撃する時に『ハゲ』と言うわけですよ…」と嘆き節。「髪の毛というのは相当気になりますよね」と政治家時代も含めて「ハゲ」というワードに敏感になっていると告白した。

 そんな舛添氏へ「アカリアップ」を使い頭皮マッサージをすることになった須田は、舛添氏の頭をもみもみ。マッサージ前には神対応と称される握手会での“神握手”を体験していた舛添氏は「さっきの握手とはまた違う感じ。ちょうどいい、快適です」とデレデレしていた。

 そんな頭皮について舛添氏は「『ハゲ』と言われるのは嫌。髪の毛を清潔にしないとハゲになると言われているので、気にして洗っているんです」と明かし「(薄毛の進行は)ここで止めたいという、これ以上後退しないで…」と切実な思いを伝えた。

関連記事(外部サイト)