日向坂46のエース・小坂菜緒、圧巻の美しさと透明感で魅了 赤ワンピースで大人の雰囲気も

日向坂46のエース・小坂菜緒、圧巻の美しさと透明感で魅了 赤ワンピースで大人の雰囲気も

『週刊少年マガジン』49号の表紙を飾った小坂菜緒

人気アイドルグループ・日向坂46の小坂菜緒(17)が、6日発売の『週刊少年マガジン』49号(講談社)の表紙に登場。3曲連続でセンターを務める最強エースが、圧巻の美しさと透明感で魅了した。

 デビューシングル「キュン」、2ndシングル「ドレミソラシド」に続き、3rdシングル「こんなに好きになっちゃっていいの?」でもセンターに抜てきされた小坂。女優として映画『恐怖人形』に主演するなど、女優としても活躍している。

 4ヶ月ぶりの再登場となった『マガジン』の巻頭グラビアでは、14ページの大ボリュームでさまざまな表情を披露。赤いロングワンピースをまとったカットでは大人の雰囲気、スウェット&スカートのカジュアルなスタイルではアクティブな姿、花柄ワンピースでは凛とした美しさなど、衣装に合わせた魅力を発揮している。

【写真】撮影:YOROKOBI スタイリング:優哉 ヘアメイク:大出理紗 デザイン:坂上和也(banjo)

関連記事(外部サイト)