『グランメゾン東京』第3話満足度が今期ドラマ最高タイ 総合力で高評価

『グランメゾン東京』第3話満足度が今期ドラマ最高タイ 総合力で高評価

『グランメゾン東京』(C)TBS

木村拓哉主演の『グランメゾン東京』(TBS系)が好調なスタートを切っている。視聴率では初回の12.4%から第3話まで二桁をキープ。コンフィデンス誌のドラマ満足度調査「ドラマバリュー」でも、95PT(100PT満点)と10月期ドラマ初回満足度2位となる好スタート。第2話でも90ポイント台をキープし、第3話では今期最高タイ(『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜』と同率)となる96PTを獲得した。

 黒岩勉氏のオリジナル脚本による本作は、慢心からすべてを失ったフランス料理のカリスマシェフ・尾花夏樹(木村)が、女性シェフの早見倫子(鈴木京香)との出会いを機に、再び“三つ星”獲得の夢に向かっていく、大人の青春ストーリー。同枠の前作ドラマ『ノーサイド・ゲーム』が好調だった伊與田英徳氏が続けてプロデュースを担当、演出には『アンナチュラル』などの人気作を手がける塚原あゆ子氏らが参加している。

 仲間との絆を描く王道ストーリーの心温まるシーンや、鮮やかかつ細やかな料理の映像演出、キャスト陣の演技がスタートとともに好評。これまでの放送で視聴者からは、「料理で心を動かすのがおもしろい」(女性10代/青森)、「特別にどこというのがなく、全体的におもしろい。しっかりした脇役陣のストーリーもよい」(女性40代/茨城)、「追い込まれて逆転っていうのがありきたりだけど、おもしろいのは確か」(女性40代/栃木)、「キャスト全員が魅力的で演技派。お料理も美しく美味しそう。ストーリー展開のテンポがよく、引き込まれる」(女性50代/千葉)、「料理のシーンのスピード感や張り詰めた緊張感がとても心地よく、夢中になった」(女性20代/東京)といった声が寄せられている。

 総じて、観やすいドラマであり、純粋に楽しめているという声が多い。ベタとも言われるが、王道の安定感のなかで、ときおり予想外の展開が待ち受けているところが、上述の好評ポイントも合わせ、ドラマの総合力としてのおもしろさを視聴者に感じさせているようだ。また、強いこだわりを感させる調理シーンへの評価も高い。次にどんな料理が出てきて、どんな美しい映像が観られるのかにも期待が寄せられている。

 この先への期待感がひしひしと感じさせられる結果となっており、さらなる盛り上がりが予想される。

関連記事(外部サイト)