グラドル界No.1美BODY・犬童美乃梨が初の写真集「グラビア用とコンテスト用の身体創りで葛藤しました」

グラドル界No.1美BODY・犬童美乃梨が初の写真集「グラビア用とコンテスト用の身体創りで葛藤しました」

ファースト写真集『One da Full』の発売記念イベントを行った犬童美乃梨(C)Deview

「グラドル界No.1美BODY」の異名をとり、今年『サマー・スタイル・アワード 2019』にて2部門でグランプリを受賞した犬童美乃梨が16日、新宿ブックファーストにてファースト写真集『One da Full』(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

 ハワイで5月に撮影された自身念願の写真集。「グラビアを始めてから写真集を出すことは大きな目標だったので、すごく嬉しいです。究極のボディを創り上げて挑んだので、私のことを知らない方も、ジャケットが気に入ったという方でもいいので、たくさんの方に見ていただきたいです」とアピール。

 今年7月の『サマー・スタイル・アワード 2019』出場に向けて、半年間の集中トレーニングの最中に臨んだ撮影。「トレーニングをし過ぎるとバキバキになってしまうので、週5のトレーニングを週2に落として、食事を変えてグラビア寄りに戻してから撮影に臨みました。撮影中はおにぎり一つ食べるのにも葛藤がありました。撮影後にまたコンテスト用の身体に戻すんですが、気持ちのコントロールが難しかったですね」と、両立の難しさを明かした。

 そんな犬童のお気に入りショットは、ベッドルームでおにぎりをほおばっている一枚。ジャケット一枚を羽織っているものの、あとはほとんど素っ裸という無防備でセクシーな写真。「ほとんどお尻丸出しでご飯を食べてるんですが、開放的だなって。これから裸でご飯を食べるのもアリかな」と笑う。もう一枚は砂浜でのビキニショット。「胸と腹筋のラインがキレイに出ていて、私らしいボディでお気に入りです」と自信を見せた。

 引き締まった筋肉と、柔らかく丸みを帯びたバストとヒップを両立させた究極のグラビアボディを維持する秘訣について「ちゃんと食べて動くこと」と語る。そして「食事制限だけだと萎んでしまうので、たんぱく質を多めに摂るのはもちろん、グラビアなので脂も多めに摂ったりしながら。撮影の時よりも胸が大きくなって今が一番いい気がします」とトレーナーの資格を持つ横顔を見せる。今はグラビアアイドルたちにトレーニングを教えたりもしているそうだ。

 今年もあとわずかだが「サマー・スタイル・アワード 2019で2冠を取ることが出来たり、ステップアップ出来た年だと思います」と充実の年を振り返る。そして来年について「さらに10倍ぐらいステップアップする年にしたいです。第2弾の写真集を出せるとしたら、もっともっとパワーアップして、美を見せつける作品にしたいですね」と意気込んだ。

関連記事(外部サイト)