人気レイヤー、スタイル抜群の『FGO』酒呑童子を披露

人気レイヤー、スタイル抜群の『FGO』酒呑童子を披露

『池袋ハロウィンコスプレフェス2019』に参加したコスプレイヤー・五木あきらさん(C)oricon ME inc.

東京・池袋東口エリア一帯で開催され、12万を超える来場者が訪れた『池袋ハロウィンコスプレフェス2019(略称:池ハロ)』。コスプレイヤーたちが町中を練り歩くパレードや、同じ作品のレイヤー同士で集まり集合写真の撮影を楽しむギャザリング(併せ)、さらにはDJパーティーなども実施され、イベントは終日大盛り上がりとなった。そんな『池ハロ』で見つけた魅力溢れるレイヤーたちに、衣装制作でこだわったポイントを聞いてみた。

 今回の『池ハロ』で特に多かったのは、テレビアニメ版も好評放送中のスマホゲーム『Fate/Grand Order(以下、FGO)』のヒロインたち。一眼レフカメラを貸し出してくれる“ガチ撮影エリア”では、人気コスプレイヤーの五木あきらさんが酒呑童子に扮して登壇。表情や仕草も忠実に再現し、写真撮影に応じている姿が印象的だった。

 サンシャインシティに設けられた撮影推奨エリアを覗いてみると、こちらにも『FGO』レイヤーが続々と集結。ブラダマンテに扮する文月しぐれさんは、ウィッグの造形にこだわったそうで「ロングヘアのウィッグだけだと、ボリュームのある髪型を再現できないと思ったので、ツインテールの部分を別に作り、後から付け足しました。正面の編み込みも形をきれいに見せたかったので、別に作ったパーツを貼り付けているんです」と話してくれた。

 スカサハのメイドバージョン衣装を着こなす、りなしぃさんは「足が長く見えるように、高めのヒールを用意しました。ただ、ちょっと歩きにくいので、なかなか移動できないのがネックですね」とのこと。一方、ネロ・クラウディウス[ブライド]に扮する合成甘味料さんは、衣装の造形に力を入れたそうで、「衣装そのものは購入したものなんですけど、生地の質感がいまいちで…。特に腰回りは、風でふんわりなびくようにしたかったので、自分で作った装飾と付け替えました。これから何度かいろんなイベントでも着用して、ブラッシュアップしていきたいです」と話してくれた。

取材・文=ソムタム田井

関連記事(外部サイト)