ファイナリスト発表直前で最後の切符を掴んだ20歳・井上頼弥さん、第32回ジュノンボーイ「イチナナLive賞」を受賞

ファイナリスト発表直前で最後の切符を掴んだ20歳・井上頼弥さん、第32回ジュノンボーイ「イチナナLive賞」を受賞

『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』イチナナLive賞の井上頼弥さん(C)Deview

武田真治、袴田吉彦、小池徹平、溝端淳平、三浦翔平、菅田将暉をはじめ、数多くの俳優を発掘している男性スターの登竜門的オーディション『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』。25日都内にて、同コンテストの最終選考会が行われ、福岡県出身の20歳・井上頼弥(いのうえ・らいや)さんが「イチナナLive」賞を受賞した。

 高校卒業後、芸能界を目指して上京するもなかなかきっかけをつかめずにいたが、『仮面ライダー』に憧れていたこともあり、同コンテストに応募。ファイナリスト発表直前、ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」内のイベントで勝ち上がり、最終選考会への切符を掴んだ井上さん。自由パフォーマンスタイムでは、空手の型と板割りを披露。真剣な眼差しでキレッキレの空手を披露すると、その迫真のパフォーマンスに会場の空気が一気に変わる。冒頭の紹介VTRで「九州男児のファイトみせちゃるけん!!」と宣言していた通り、自身の魅力を最大限に発揮。MCの霜降り明星も「空気が変わって、みんなすごく集中して見ていた」と感想を述べた。

 また、ゲスト審査員の池田美優(みちょぱ)を相手に実施した告白審査では、「遊園地からの帰りに告白」というシチュエーションに挑戦。「今日、めっちゃ楽しかったな。楽しすぎて疲れたわ〜。あ、ジェットコースターのときの美優、こんな顔しとったよ?」と変顔を披露しつつ、「まあ、そんな美優も可愛かったけど」と語り、ふと立ち上がって「次は友達としてじゃなくて、美優の彼氏として行きてぇ〜」と本音を漏らす。そして、「なあ、美優。俺と付き合ってくれない?」と会話の延長線上の自然なアプローチで告白。

 芸能界を目指して活動するのは"今年まで"と期限を決めて、同コンテストに賭けていたものの、落選。「夢を諦めて地元の福岡に帰ろうと引越しも決めていた」という井上さんだったが、ファイナリスト発表直前、『17Live』のファイナリスト進出イベントで最後の切符を勝ち取り、「イチナナLive賞」を受賞。

 そんな井上さんに対し、審査員は「今年いっぱいで芸能活動を辞めようと思われていたときに、『17Live』のファイナリスト進出イベントに参加していただきました。人一倍のプロ意識、そしてオーディエンスたちを楽しませながらライブ配信をしていただきました」と明かし、「そんな彼の夢を追いかける姿勢に心を打たれ、そして将来の無限大の可能性を期待して賞を贈ります」と評価。井上さんは「ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに落ちて、そこで諦めたくない気持ちもありつつ、もう地元に帰るべきなのかなと決意したとき、こういう(『17Live』のファイナリスト進出の)イベントがあって、すごく嬉しかったです」と喜びを噛み締めた。

 同コンテストは、芸能事務所に所属していない12〜22歳までの男子を対象に、昨年の最終選考会翌日から写メールによる応募を開始し、『JUNON』本誌では1月号から募集を開始。4月〜5月にかけて第1次書類選考を行い、通過者約1,000人に第2次審査として、東京・大阪・札幌・福岡・広島・金沢と6都市計8回に分けて面接を実施し、スーパーボーイ候補者105名が決定。

 その後、第3次審査では、候補者の写真とプロフィールを8月号〜11月号の4号にわたり掲載。JUNON本誌、スマホサイト、アプリ、動画配信サービスによる読者投票を行い、得票数によって105名→57名→35名→18名→11名と候補者が絞られていった。さらに敗者復活戦などで決定した4名を加えた上位15名が、最終選考会へ駒を進めた。

 なお、来年実施される『第33回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』の募集がすでに開始されている。例年通り『JUNON』本誌のエントリーシートからの応募、携帯・スマホサイト『プラチナ☆JUNON』からの写メ応募に加え、今回より新たに、JUNON公式動画メディア『JUNON TV』からのWEB応募、さらには『Twitter』からのハッシュタグ応募も実施。応募詳細は、オーディションサイト『デビュー』でも掲載中。

【『第32回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』最終選考会 結果】
◆グランプリ&OSMIC賞(W受賞):渡邉多緒(わたなべ・たお)さん/静岡県、中学1年生・12歳
◆準グランプリ&QBナビゲーター賞(W受賞):西野遼(にしの・りょう)さん/三重県、大学1年生・18歳
◆審査員特別賞:シナモン/遠いお空の雲の上、こいぬ、カフェ店員
◆フォトジェニック賞:高木裕也(たかぎ・ゆうや)さん/兵庫県、大学3年生・21歳
◆明色美顔ボーイ賞:鈴木克哉(すずき・かつや)さん/東京都、大学2年生・19歳
◆DDセルフプロデュース賞:橋詰昌慧(はしづめ・まさと)さん/大阪府、中学2年生・14歳
◆イチナナLive賞:井上頼弥(いのうえ・らいや)さん/福岡県、フリーター・20歳

関連記事(外部サイト)