要潤、初の弁護士役で“無罪”言えず赤面 ベッキーが暴露「“むじゃい”と…」

要潤、初の弁護士役で“無罪”言えず赤面 ベッキーが暴露「“むじゃい”と…」

東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜』の制作発表会に出席した(左から)要潤、ベッキー (C)ORICON NewS inc.

俳優の要潤、津田寛治、タレントのベッキーが3日、都内で行われた7日放送の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『悪魔の弁護人・御子柴礼司〜贖罪の奏鳴曲〜』(毎週土曜 後11:40)の制作発表会に出席した。

 同作は、人気作家・中山七里による傑作ミステリー『贖罪の奏鳴曲(ソナタ)』『追憶の夜想曲(ノクターン)』『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』『悪徳の輪舞曲(ロンド)』の弁護士・御子柴礼司シリーズ既刊4作を映像化。どんな依頼人でも必ず勝たせる悪魔の弁護人・御子柴礼司(要)と御子柴法律事務所の事務員・日下部洋子(ベッキー)、御子柴と対立する検察官・岬恭平(津田)を軸にストーリーが展開される法廷ミステリー。

 『ショムニ2013』(フジ)以来6年ぶりに地上波連ドラレギュラーを務めるベッキー。要との共演は13年ぶりだそうで「以前、共演した時は同じシーンがほぼなくて、今回、いっぱいお話ができてよかったです」とにっこり。

 撮影中のエピソードについて「要さんは役もクールだし、要さんご自身もクール。そんな要さんが、法廷シーンのリハーサルで『無罪』というせりふを『むじゃい』と言っちゃって…。私はめちゃくちゃ笑っちゃいました」と要のNGシーンを暴露。

 「現場は笑ってはいけない空気で、長せりふですし(空気が)張り詰めていたのですが、私1人で『クククッ』と笑っちゃって、(要は)かわいかったです」とイジると、要は「かわいいところあるんですよ」とNGを認めて赤面していた。

 そんな要は今回が初の弁護士役で「僕の中では大きなチャレンジでした。この役を演じきれると、役者としてものすごい武器を手にいれられると思いながら演じていました」と話した。

関連記事(外部サイト)