『やりすぎ都市伝説』初の5時間スペシャル マツコ&山田裕貴が参戦

『やりすぎ都市伝説』初の5時間スペシャル マツコ&山田裕貴が参戦

バラエティー特番『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2019冬スぺシャル』(C)テレビ東京

テレビ東京系のバラエティー特番『ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 2019冬スぺシャル』が「やりすぎ都市伝説・外伝」「やりすぎ都市伝説・本編」を合わせた、初の5時間スペシャルを28日に放送することが決定した(後6:30〜11:20)。前半の「やりすぎ都市伝説 外伝」には、番組のファンであるマツコ・デラックス、俳優の山田裕貴が参戦する。

 “Mr.都市伝説”関暁夫の独特な世界観に、マツコも思わず「あんた、一体何者なのよ!?」とコメント。後半ブロックの「やりすぎ都市伝説 本編」では、今回も「ウソかホントかわからないが、みんなに聞いてもらいたい!」という話を持つ都市伝説テラー達が登場し、珠玉の都市伝説を披露する。

 テラーには松丸亮吾、尼神インター・誠子、霜降り明星・粗品、島田秀平、スピードワゴン・小沢、ケンドーコバヤシらが登場。関は人間に“知恵”を授けたモノの正体を「クババ」を突き止め、大いなる謎を解き明かすべく、インドへと向かった。

 特番決定を受け、関は「今回の見どころは、まずは知識を共有したいというところです。番組でも何度も言いましたが『はじめは言葉有りき。言葉の奥に神が存在する』。壮大なテーマではありますが、“言語”というものをさかのぼる旅をします。言語をたどることによって、今まで見えなかった何かが見えてきます。そして、もともと、人間を作ったのは何者なのか?人間の肉体を作ったのと、知恵を入れたものは別であるということも知っていただきたいです。“信じるか信じないかはあなた次第です”」と呼びかけている。

関連記事(外部サイト)