『相棒』令和初の元日スペシャルで右京が人質に!? 瀧本美織が初出演

『相棒』令和初の元日スペシャルで右京が人質に!? 瀧本美織が初出演

瀧本美織がゲスト出演=『相棒season18元日スペシャル』2020年1月1日放送(C)テレビ朝日

テレビ朝日系で元日恒例となっている人気ドラマ『相棒』の元日スペシャルの放送が決定。令和最初のお正月、2020年1月1日(後9:00〜後11:15)に放送される。

 今回の元日スペシャルは、警視庁主催の年末ゴルフコンペ会場で爆発騒ぎが発生し、特命係の杉下右京(水谷豊)が地下駐車場に閉じ込められてしまうところからはじまる。爆発を仕組んだのは、元組長の解放を要求する暴力団の構成員。右京ら計9人は拳銃を手にした犯人に監禁されることに。しかも、その監禁場所で有害ガス発生の危機が迫る。

 はたして、右京はこの極限状況にどう立ち向かい、人質たちを無事、解放することができるのか!? そして、地上で捜査を進める冠城亘(反町隆史)は、事件の深層にたどり着くことができるのか!? 元日スペシャルにふさわしく、手に汗握るスリリングな物語が壮大なスケールで描かれていく。

 本作でメインゲストとして登場するのは、女優・瀧本美織。瀧本が演じるのは、右京と共に監禁されてしまう、警備会社社長秘書の雨宮紗耶香。彼女は、自身が秘書として仕える警備会社社長・蓮見恭一郎(長谷川初範)の息子で、警視庁のエリート係長・蓮見誠司(浅香航大)と交際中。自身も人質として囚われながら、秘書として蓮見社長を気遣う気丈でひかえめな女性だが、実は胸には“秘めた思い”を抱えているという設定だ。

 『相棒』シリーズ初出演の瀧本は、「『相棒』の撮影は毎朝、水谷さんがスタッフ、キャストの皆さん全員と握手するところからはじまって、撮影終了後も握手で終わるんです。水谷さんは“座長”として私たちゲストにも安心感を下さる絶対的な存在。握手してくださる度に感動して、毎回“わぁ〜(感動)!! ありがとうございます!”と言っていました(笑)。本当に水谷さんのお気持ちがありがたかったです」と、水谷流の“歓迎”に大感動。

 さらに瀧本は、「水谷さんが“『相棒』でこういう撮影は初めてかも”とおっしゃっていたのですが、今回のスペシャルはかなりド派手なシーンが多く、刺激的かもしれません!」と、笑顔を見せ、「新しい年のはじまりは、ぜひ『相棒』で(笑)!」とよびかけている。

関連記事(外部サイト)