小倉智昭、笠井信輔アナの悪性リンパ腫を報告「あす自分の口で説明します」

小倉智昭、笠井信輔アナの悪性リンパ腫を報告「あす自分の口で説明します」

笠井信輔アナウンサー(C)ORICON NewS inc.

タレントの小倉智昭(72)が、18日放送のフジテレビ系『情報プレゼンター とくダネ!』に出演し、同番組のレギュラーだった元フジテレビの笠井信輔アナウンサー(56)について、悪性リンパ腫に罹患(りかん)したことを明かし、「あした(19日)笠井くんが来て、詳しく自分の口で説明します」と報告した。

 小倉は、かねてから笠井アナから病気の相談を受けていたことを明かし「9月いっぱいでフジテレビを辞めるとき、荷物を動かしたりして腰が痛かったようなんです。体重もちょっと減ってきて、以前から排尿困難があって前立腺肥大を調べてもらったら、腰に影があって心配だと。精密検査をしたら悪性リンパ腫であることがわかりました」と現状を報告した。

 また、小倉は笠井アナから送られた「改めて新聞で悪性リンパ腫という文字を見ると、自分はがんだということを再確認してこれに立ち向かっていかないといけない」というLINEを紹介。「この番組で話すことによって、少しでも安心してもらおうという気持ちが彼は強いんだろうと思います」と語った。

 笠井アナは、早稲田大学を卒業後、1987年にフジテレビ入社。『めざましテレビ』『ナイスデイ』などに出演し、現在は『とくダネ!』のほか金曜日の『バイキング』などを担当している。90年にテレビ東京の女性社員と結婚し、3児の父。

関連記事(外部サイト)