80歳・千葉真一「1日1食」続ける健康法は映画俳優の自覚 45年前と体型変わらず

80歳・千葉真一「1日1食」続ける健康法は映画俳優の自覚 45年前と体型変わらず

千葉市の健康大使に就任した千葉真一 (C)ORICON NewS inc.

俳優の千葉真一(80)が19日、千葉市の健康大使に就任し、千葉市役所で行われた任命式に出席。健康で気をつけていることは「色んなことをしてきました。俳優として60年間の健康づくりは年によって全部変えてきました。私の今の健康づくりは1日1食です」と明かし驚かせた。

 その理由は「肉体が動かないので、必要以上に食事をとる必要がない。とりすぎなんですね。この年にあった健康法というのをお医者さんと会話しながらしている。夕方まではお水はとりますがほかの物はとりません」と朝は水分補給の意味で果物などを摂取すると説明。

 続けて「(1日1食を行うのは)俳優だから、千葉真一だからです。朝から夕方まで監督、現場でカメラが回っている。『演技をしてください』と言われても、お腹がいっぱいだと、嫌になるんです。頭が回らない。でも空腹だと、ものすごく回る。空腹だといつでも動けるんです。これが俳優としてのモットー。だったら『朝、昼食べるのはやめよう。いつも空腹感でいよう』『どんな監督の要望でも動けるようにしよう』と、監督の要望に軽々と演じてあげたいと思い、夜だけの一食にしました」と明かした。

 今年、芸能活動60周年を迎えて「映画俳優として60年を迎えて、俳優というのは誰よりも健康でありたいと望んでいます。映画俳優というのは一番健康でなくてはならい。頭の上から(足の)下まで喜怒哀楽を表現する道具だからです。健康でないと、監督が望むお芝居をすることができない。日々、会話をしながら体を作り上げていきます」と映画俳優として活動する上で健康は大事だと力説。

 「大事にするというのは大切だけではなく、鍛えなくてはならない」と話したうえで「20代と80代の時とまったく動きが違ってきています。体が動いていないので、汗をかいていない。汗の中にどれほどの毒素があるのかをみなさん知らないのです。こういうことを、どんどん伝えてきたいと思います」と健康大使としての役目を伝えた。

 体型維持についても「(仕事だと)アメリカの場合、体重、身長まで契約に入っている。『それ以上太ったら契約破棄です』というくらい厳しい。そういう意味でも、自分をコントロールしていかなくてはいけない」とし「『芸能生活60周年記念祝賀会』の時に45年前に作ったタキシードを『着たいな〜』と思っていて、袖を通したら45年前の背広が着れました。みなさん『よく着れましたね』と言ってくれました」と45年前と体型が変わらないと明かした。

 「人生100年時代」と言われる現代で、千葉市では、市内の100歳以上の高齢者が350人を超えていることや100歳まで生きることが珍しくないことから、主体的に健康づくりに取り組む市民を増やす必要があるとし、健康づくりの重要性について広報・啓発を実施している。その中で、映画・ドラマなど半世紀以上活躍し、芸能活動も今年で60周年を迎えた80歳の千葉が元気で活躍していること、「千葉のPRのために貢献したい」思いから、千葉市の推進する「人生100年時代」の健康大使に任命する運びとなり、「来月、81歳を迎えるので少々不安でございますが、頑張って健康を促進していきたいと思います!」と意気込んだ。

 また、「誰もが手軽に楽しく運動習慣を身につけるためのきっかけづくり」として、市民の健康づくりをサポートするための千葉市のオリジナルダンス「100年ダンス」が制作されることが発表。千葉監修のもと、スポーツエンターテインメント集団「ハッスル☆マッスル」が制作する。お披露目もかねて、千葉が登壇するダンスイベントが来年2月22日に千葉・中央公園で行われる。

関連記事(外部サイト)